カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 環境 >
  5. 妊娠中の夏、子宮の冷えに要注意

妊娠・出産

妊娠中の夏、子宮の冷えに要注意

 

女性は筋肉が男性よりも少なく、熱を作り出す事が出来ない為に、比較的冷えやすいのが特徴です。
夏は意外にも、この子宮の冷えを起こしている方が多くいます。


妊娠中にこの子宮の冷えを起こすと様々な不調や、胎児のの血流不足を起こしてしまいます。
ひどい場合は、流産や早産もあり得ますので、注意が必要です。
子宮の冷えを起こさない為にも、注意点を守り、夏を過ごしましょう

 

生理痛がひどかった方は、子宮の冷え易い方です

妊娠する前に生理痛がひどかった方は注意しましょう。

子宮が冷えると、血液の流れが滞り、生理の経血が流れにくくなります。
生理痛の痛みは、ここからくるものと考えられます。
子宮が冷えやすいのは、体質もありますが、日頃の生活習慣も考えられます。

 

生活習慣の改善

冷たいものばかりを好んで食べたり飲んだりしていませんか?

夏になると冷たい飲み物やアイスが欲しくなる季節です。
しかし、キンキンに冷えた物ばかりを口にしていると、内臓が冷えてしまい、子宮の冷えを招きます。
常温よりも少し冷たい程度の飲み物などを口にする習慣をつけましょう。
また、冷たい飲み物やアイスには大量の砂糖が使用されています。妊娠高血圧症候群の予防の為にも控えましょう。
日頃飲む飲料は、水や麦茶にしましょう。

 

お腹を冷やしていませんか?

お腹に直接風が入るような洋服を着ていませんか?
むしろ女性は、夏でも腹巻をする位がちょうどいいのです。
汗を吸収しやすい素材でできている腹巻などがありますので、試してみてはいかがですか?

 

また、足も冷やさないようにしましょう。

下半身は比較的に冷やさないようにし、どうしても暑くてたまらない時は、首や脇の下を冷やす様にしましょう。

 

冷房の風に当たっていませんか?

暑さのあまりに冷房をガンガンにかけていませんか?
妊婦さんや赤ちゃんのいる家庭での設定温度は28度が最適です。
動くとちょっと汗ばむ様な室温ですが、体に負担がかかりません。
そして冷房からの風が直接体に当たらないようにしましょう。
どうしても暑い時は、首や脇を冷やすと良いでしょう。

逆に、デパートや公共交通機関など冷房が効きすぎている場所へ出掛ける時の為に、羽織る物を持ち歩く習慣をつけましょう。

 

子宮の冷えは、母胎には大きな負担となります。

冷えていてもあまり実感がありませんが、細心の注意を払うべきです。毎日の生活習慣を改善するだけで防げます。

  

 

(Photo by: //www.ashinari.com)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

環境に関する記事

マタニティーブルーは一過性のもの?

    マタニティーブルーとは、産後のホルモンバランスの急激な変化が原因で、...

身体の冷えは禁物!妊婦さんの冷房病に注意!

妊婦さんに冷えは禁物です! 妊婦さんなら基本中の基本ですよね? しかし、...

環境の体験談

引越しは産前?産後?お腹が大きくなる前がベスト?!

私たちは妊娠を機に引っ越しをしました。 というのも、当時住んでいたアパートは上の階にお子さんが住ん...

プチ一軒家!メゾネットへ引っ越し!!

(写真は新居の庭にペットを出してあげた時のものです、メゾネット感なくてごめんなさい。) 私たち...

カラダノートひろば

環境の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る