カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 環境 >
  5. 身体の冷えは禁物!妊婦さんの冷房病に注意!

妊娠・出産

身体の冷えは禁物!妊婦さんの冷房病に注意!

妊婦さんに冷えは禁物です!

妊婦さんなら基本中の基本ですよね?

しかし、夏にも冷えを起こしている方が多くいる事をご存知ですか?

 

冷え症というと、冬に指先や足先が冷たく冷え切っている状態を想像しますが、夏の冷え症は違います。体は暑いと感じているのに、内臓や子宮などの体の中が冷え切った状態です。

 

体の内部が冷え症になると、お腹の調子が悪くなったり、妊娠中であれば子宮の張りなどを起こします。内臓が冷えない様にするには、食事や冷房など様々な注意が必要ですが、中でも冷房について詳しくお話します。

 

冷房病予防

基本的に、妊婦さんの体が快適に過ごせる室温は28度です。動くと汗ばむ程度の室温です。

 

本来はこの室温にしておく事が良いのですが、働いているママはそうはいきません。オフィスやお店では、25度くらいの設定にしてあるところが多い様です。

 

25度に設定している時に、空調から出る風は冷たく、体を冷やし切ってしまいます。しかも、長時間同じ場所にいる事で、体に不調が出る事は確実です。

 

そんな時は冷房の冷えで体の不調を起こさないために・・・

 

1.ストールやカーディガンで足元やお腹周り、肩を冷やさないようにしましょう。

お腹を冷やさない為にも、腹巻をしておくとよいでしょう。薄手で吸水性の高いものを選ぶと良いでしょう。

 

2.ショウガやニンニク、根菜類などで体を温めましょう。

温かい料理(スープなど)などがお勧めです。

 

3.温かい飲み物を飲みましょう。

暑い時だからといって氷たっぷりの飲物ではなく、常温に近い物を飲みましょう。

 

4.体を締め付ける様な洋服は避けましょう。

 

5.タバコは止めましょう。

自律神経がうまく働かなくなります。又、胎児の為にも禁煙すべきです。副流煙にも気をつけましょう。

 

6.シャワーではなくお風呂につかりましょう。

お風呂でリラックス効果も高まり、血流が良くなります。

 

7.リラックスを忘れずに!

リラックスできる様にしましょう。肉体的疲労、精神的疲労が夏バテを悪化させます。

 

体の冷えを防ぐと、自律神経を整える事ができます。夏バテ知らずの元気な体を維持できます。

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

環境に関する記事

妊婦さんの夏バテ予防!3つのポイントとおすすめ入浴剤☆

夏の暑さは、ストレスや疲れなどの夏バテを引き起こします。 もちろん妊婦さん...

お腹の赤ちゃんと一緒に乗り切ろう!妊婦の夏バテ対処法

初めての妊婦さんも、すでに経験済みの妊婦さんも、つわりがあると思うようにものが...

環境の体験談

引越しは産前?産後?お腹が大きくなる前がベスト?!

私たちは妊娠を機に引っ越しをしました。 というのも、当時住んでいたアパートは上の階にお子さんが住ん...

プチ一軒家!メゾネットへ引っ越し!!

(写真は新居の庭にペットを出してあげた時のものです、メゾネット感なくてごめんなさい。) 私たち...

カラダノートひろば

環境の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る