カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 関節疾患 >
  4. 治療 >
  5. 高齢女性は要注意!変形性指関節症(2)治療編

介護・認知症

高齢女性は要注意!変形性指関節症(2)治療編

 

高齢女性に多い、変形性指関節症の治療方法をまとめました。

生活の自立を保つために欠かせない指先の機能を失わないよう、早期発見と積極的な治療が大切です。

 

 

へバーデン結節

根本的な治療法がなく、対症療法と静養が中心です。

痛みに対しては、消炎鎮痛剤の投与、テーピングやマッサージが行われます。

痛みがひどい場合には、関節内にステロイド薬・局所麻酔薬を注入することもありますが、体への負担が大きいので、高齢者は慎重にする必要があります。

鍼灸・カイロプラクティックによる矯正といった、東洋医学からのアプローチも多く行われています。

 

 

ブシャール結節

痛みに対しては、テーピングなどで固定する保存療法、鎮痛消炎剤の投与、レーザー(温熱)治療などが行われます。

ブシャール結節の場合、痛みは年月とともに軽減することがほとんどです。

しかし、関節の変形度合いが強い傾向があり、第二関節の変形は日常動作への支障も大きいため、人工関節や関節固定の手術が施されるケースもあります。

手術によっても関節の可動域の改善が芳しくない人もいるため、手術に踏み切るかは熟慮しなくてはなりません。

 

 

拇指CM関節症

親指の使い過ぎを避け、湿布や鎮痛剤を用いるのが基本的な治療です。

進行すると親指が開きにくくなり、関節の変形もひどくなるため、手術も選択肢の1つです。

従来の関節固定手術に加え、関節形成術という方法が最近は増えています。関節の機能を保ちやすく、効果も持続するといわれます。

 

 

いずれの治療法も、高齢者の症状と体調を考慮に入れて、医師と相談する必要があります。

これらは40代以降の女性に多い疾患のため、ホルモンバランスや自律神経の乱れも深くかかわっていると考えられます。

生活全体の見直しが、回復のカギです

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/12/07-373878.php)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

痛みを緩和しよう 高齢者の関節疾患に効く漢方薬

  高齢者の関節疾患による痛みを緩和するため、漢方薬が用いられることもあり...

知っておきたい、高齢者の関節疾患治療【薬物療法について】

  高齢者の関節疾患で行われる保存療法では、炎症を抑えて痛みを緩和する薬物...


保存療法と手術…脊柱管狭窄症の症状で違う治療法について

  脊柱管狭窄症は、その症状によって治療法が決まります。症状ごとの治療法を...

変形性関節症の診断に必要な検査って?検査の色々

  高齢者の代表的な関節疾患「変形性関節症」の治療には、まず綿密な検査と診...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る