カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 関節疾患 >
  4. 治療 >
  5. 高齢者の関節疾患治療【装具療法】

介護・認知症

高齢者の関節疾患治療【装具療法】

 

関節疾患の保存療法で行われる装具療法は、高齢者の関節にかかる負荷を軽減して痛みを和らげ、関節を安定させる効果があります。

よく用いられる、高齢者にとって身近な装具をまとめました。

 

 

サポーター

伸縮性のある生地を筒状にしたサポーターは、高齢者が好んで使います。

面ファスナーで締め具合を調節できるタイプ、サポート力が強いゴム製のタイプもあります。

膝・肘・手首に装着することが多く、腰痛軽減のために腰に巻き付けるものもあります。

扱いが簡単で洗濯もでき、メッシュタイプなど通気性が良い点が優れています。

冷えから痛みを感じる高齢者にとっては、保温の意味も大きいようです。

ただ、布製の簡便なサポーターには関節を安定させる効果は期待できません。

しっかり固定するためにサポーターで締め付けすぎると、血流が悪化する恐れがあります。

 

 

関節に直接、装着するものではありませんが、「低下した身体の機能を補完する」という意味では、杖も装具に含まれます。高齢者にとって、最も身近な装具です。

立位・歩行の安定性を確保し、関節にかかる負荷を分散する効果があります。

接地箇所が1点の一本杖(T字杖)のほか、より安定性を高めた多点杖もあります。

 

 

足底板

足の裏に用いる装具です。足の裏に直接装着するほか、靴底に入れることもあります。

足の裏全体で体重を支えて歩行を助け、膝などにかかる負荷を軽くします。

膝が外側に曲るO脚を補正する役割もあります。

 

 

硬性装具

金属やプラスチック製の装具です。軽くて強度があり、関節をしっかりと固定して外部からの衝撃を和らげます。胸椎・腰椎・下肢に多く用いられます。

 

 

装具の効果を最大限得るためには、患部に合ったものを使うことが大切です。

合わない装具は、かえって症状を悪化させるので、装具は慎重に選んでください。

 

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/07/31-348682.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

高齢者の関節疾患治療!関節疾患とヒアルロン酸を使った治療法

  高齢者の関節疾患治療で、ヒアルロン酸が注目を集めています。ヒアルロン酸...

高齢者の関節疾患治療~人工関節置換術

  高齢者の関節疾患では、患部の関節を人工関節と入れ替える、「人工関節置換...


高齢者の関節痛に効く温熱療法!簡単ホットパックを使ってみよう

  高齢者の関節痛を和らげる方法として、昔から用いられているのが温熱療法で...

痛みを緩和しよう 高齢者の関節疾患に効く漢方薬

  高齢者の関節疾患による痛みを緩和するため、漢方薬が用いられることもあり...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る