カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肛門 >
  4. >
  5. 痔についてどれくらい知っていますか?痔の種類と治療法まとめ!

気になる病気・症状

痔についてどれくらい知っていますか?痔の種類と治療法まとめ!

a0027_000877.jpg
痔には大きく分けて、3つの種類があります。
「痔核」「裂肛」「痔ろう」です。
 

■痔核とは?

痔核は、肛門管の粘膜の下にある静脈叢が破壊され、静脈血が滞ってしまうために生じます。
 
肛門管とは、肛門縁(つまり便の出口)から便が漏れないように収縮している部分です。この肛門管の粘膜は非常にデリケートで、放屁と便を区別することができます。
 
肛門管の粘膜の下は静脈叢でできており、その静脈叢によって肛門管粘膜はふっくらと浮いた状態になっています。
 
痔核は、この静脈叢の破壊によって生ずると言われています。
この静脈叢が破壊されると、動脈血が流れ込んでしまい、静脈血の戻りが悪くなるという異常な病態が生じ、その結果静脈血がうっ滞します。
 
これが痔核、いわゆるいぼ痔です。
 

■痔核の種類

痔核には大きく分けて次の2タイプがあります。
 

●内痔核

肛門管内に収まっているタイプです。
内痔核は、排便反射によって、排便時に肛門の外に脱出することがあります。
 
この場合は脱出痔核と言い、次の4つのグレード(進行度)によって分類されます。
 
グレード1:排便時に内痔核が肛門管内でわずかに膨隆するが、脱出はしない。出血はあるが痛みなどはない。
 
グレード2:排便時に痔核が脱出するが、自然に戻る。出血、痛みを伴う。
 
グレード3:排便時に痔核が脱出するが、手で押し込むと戻る。出血、痛みがひどい。
 
グレード4:排便時以外でも痔核が脱出し、手で押し込んでも戻らなくなる痔核を起こしやすい。日常生活が困難で、外科手術が必要である。
 

●外痔核

肛門外に脱出しているタイプです。
肛門縁の近くの静脈叢に、血液の還流障害がおこると、そこが急激に腫れます。そのような急性期の症状が始まると、血栓(血のかたまり)ができて、外痔核となります。
この外痔核は肛門管の外に突出しているので、誰が見てもいぼ状と分かり、いぼ痔と判断できます。
 

■痔核の主症状

痔核の主症状は、肛門痛と肛門出血です。
 

●肛門痛

排便時の肛門痛は、腹圧と共に便が肛門管を下がってくるときに、肛門管粘膜を損傷した場合に生じます。
 

●肛門出血

痔核による肛門出血は鮮血(鮮やかな赤い血液)が特徴です。
排便後に便器を見ると出血していないのに、ぬぐったティッシュに真っ赤な血が付いていた、あるいは便中に筋状の血液が付着していた、、、これらは肛門管の痔核からの出血です。
 

■治療法

手術を避ける保存的療法と、手術で重い症状を解消する外科的療法があります。
 

●保存的療法

主に薬物療法が行われます。痔の初期に行われます。
坐薬や軟膏が用いられます。
 

●外科的療法

痔核を取り除く痔核切除術と、硬化剤を注入して痔核を硬化させる硬化療法があります。
後者は、いきみなどの腹圧により、静脈がうっ滞して痔核が肛門の外へ脱出するのを回避する療法です。
 
痔核の治療中は、トイレに長時間便座に座っていたり、排便時のいきみを回避することが大切です。
日常での生活習慣を改めていく必要があります。
(Photo by  //www.ashinari.com/2009/05/30-021422.php )

著者: ナムルさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

痔に関する記事

痔に鍼灸治療!

     食の欧米化が進み食物繊維が不足することによって便秘になる人が増えて...

辛いもの好きは要注意!食べ過ぎると「痔」になるって本当?

「痔に香辛料はダメ!」とよく言いますよね。なぜ香辛料が痔に良くないのでしょうか...


痔にとって市販薬は一時的な助けと考えよう

  手軽に買えて痛みを抑えてくれる市販薬ですが、多くの場合は根本治療にはならな...

どんな風に行われる? 気になる痔の検査

「よし、痔の診察を受けよう!」と思っても初めての肛門科はなかなかハードルが高い...

カラダノートひろば

痔の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る