カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 男性のカラダの悩み >
  3. 病院 >
  4. 診察内容 >
  5. 健康診断とは違う?人間ドックの検査内容6つのポイント

男性のカラダの悩み

健康診断とは違う?人間ドックの検査内容6つのポイント

 

人が成人し、社会で生活する上でどんどん膨れあがるリスクがあります。
それが病気というリスクです。
特に社会人にとって常に身近なリスクとしては成人病とも呼ばれる生活習慣病があります。

誤った生活習慣によって積み重なる生活習慣病のリスクは、本人が自覚しないままに進行し、時として手治療不可能な手遅れの状態まで気づかないままということもあり得るのです。

そんな生活習慣病の有無を調べることができるのが、人体の隅々まで調べてくれる人間ドックなのです。
人間ドックで、数日かけて入念に身体の隅々を診察することで、自分の身体にどれだけ生活習慣病のリスクが蓄積しているか把握することができます。

■隅々まで調べる人間ドック



1.身体測定
身長や体重、腹囲を調べ肥満度を測定します。

2.採血
血液を採取し、血液の状態、中性脂肪やコレステロール、肝臓や腎臓、膵臓の機能を測定し、糖尿病の検査も行います。

3.尿検査
採尿した尿を調べ腎臓や膵臓、そして糖尿病の検査を行います。

4.その他の検査
便検査、胸部X線、肺活量測定、胃X線、胃カメラ、腹部超音波、生理学検査(血圧、心電図、視力、眼底、聴力)

 

5.前立腺触診

肛門から前立腺を触診し、前立腺が肥大していないか、直に診察する検査です。

 

6.問診

体調や、不快感など当人が感じている自覚症状や不安などを尋ね、普段の生活や仕事内容など、健康に関わる個人的なことを聞き取ります。

 

 

※全ての診察が終わるには長時間かかり、人間ドックは一泊二日となっている場合が多くなっています。

全部の診察を完了するにはかなりの時間がかかり、その間仕事も休まなければいけません。
人によっては人間ドック自体に大きなストレスを感じる人もいるでしょう。
ですが、生活習慣病や癌のリスクを把握するためにも人間ドックを定期的に受けることは非常に意味があることは事実です。
自分の身体の問題点を把握し、即座に対処することで、どんな病気も悪化する前に退けることが可能となります。 

 

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/581)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

診察内容に関する記事

不妊の原因の半分は男性側にある!男性不妊に対してどのような診察が行われるの?

男性のカラダの悩みというと、一般的に勃起障害や包茎治療などが思い浮かぶかもし...

EDの診察はどのように行われるか

  EDは大分有名になってきた病気ですが、いまだに受診患者数は少ない病気とも言...


知っておこう!泌尿器科で取り扱う疾患例

  泌尿器科という名前は知っていても、そこが診察してくれる部位や疾患など正...

AGA治療における一般的な診察内容 患者が気をつけるべきことって?

男性のカラダの悩みとして薄毛(AGA)があります。AGAは男性型脱毛症の一つ...

カラダノートひろば

診察内容の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る