カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 男性のカラダの悩み >
  3. 病院 >
  4. 選び方 >
  5. セカンドオピニオンでより良い選択を

男性のカラダの悩み

セカンドオピニオンでより良い選択を

 

病気で病院に行くとなれば、誰もが常に利用するかかりつけの病院となるのが一般的でしょう。
しかし、通院可能な距離に病院が一つしか無いような過疎的な環境でも無い限り、かかりつけの病院のみを選ぶメリットは少ないのでは無いでしょうか。

医療にはセカンドオピニオンという考え方があり、いつも診てもらっている病院以外の第三の病院に相談することでよりよい治療法を選択できるというものです。

病院選びもそのセカンドオピニオンで、よりよい治療法だけで無く、よりよい看護、よりよい環境の病院にするために、かかりつけの病院だけで無く、その他の病院に目を向け、選択肢として保持することも必要では無いでしょうか。

■病院選びでセカンドオピニオン


●セカンドオピニオン
よりよい治療法を選択するために、かかりつけの病院以外にも別の病院に相談し治療法を比較することをセカンドオピニオンです。

1.初期診療
最初の病院で診察をしてもらい、治療法を提示してもらいます。

2.紹介状作成
診察医に他の病院への紹介状と診療情報提供書を作成してもらいます。

3.セカンドオピニオン
他の病院で診療情報提供書を見せて、その病院の治療法を提示してもらいます。

4.病院決定
複数の病院で治療法を比較して、より納得のいく自分に適した治療法の病院を選択します。

※セカンドオピニオン外来は、診療では無く相談となり健康保険の対象外となります。
つまりは、全額自己負担の自己診療となるのです。

現在では移動手段も豊富に取りそろえてあり、通院や入院の可能となる病院の選択範囲はかなり広範囲になり、選べる病院の数もかなりのものとなるでしょう。
そんな無数にある病院の中から、自分の疾患を治すため、少しでも最善となる病院を選ぶためにもセカンドオピニオンの考え方が必要なのです。 

 

 

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/1456)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

選び方に関する記事

「なんとなく体調が悪い」更年期障害・不定愁訴はまずは内科受診がベスト

  不定愁訴はちょっと聞き慣れない症状かもしれませんが男女を問わず更年期障害に...

病気治療はメリットのほかに、デメリットも付き物?事前に調べたいポイント3つ

  病気を治療し、完治させることは勿論良い事です。しかし、病気を治すための治療...


自分に合った病院選びとは?病院選びのポイントを知っておこう

  もし突然自分が病気になったとき、とっさに駆け込むのはかかりつけの手近な病院...

男性にも更年期?!中年男性の体調不良には男性更年期外来へ行こう!

    50歳前後の女性がイライラ・うつ症状・ほてりなど様々な症状を持つ「更...

カラダノートひろば

選び方の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る