カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. 小麦 >
  5. 症状 >
  6. 小麦アレルギーの症状はどのように進行する?

アレルギー

小麦アレルギーの症状はどのように進行する?

 

小麦アレルギーの主な症状としてアナフィラキシーが挙げられます。
アレルゲンが体内に入り、免疫反応を示すことで分泌されるヒスタミンという物質がこのアナフィラキシーを引き起し、アレルギーの諸症状を引き起すことになります。

ヒスタミンは肥満細胞という細胞から分泌され、血流を通って体中のありとあらゆる場所に運ばれる危険性があるのです。
このヒスタミンが全身に一気に回ってしまうことをアナフィラキシーショックと呼び、生命の危険にすら及びます。

■アナフィラキシーの進行


●アナフィラキシー
IgEという肥満細胞から分泌されるヒスタミンなどが細動脈の血管拡張細気管支、気管支の収縮を引き起すのがアナフィラキシーというアレルギー反応です

1.アレルゲン
アレルゲンが体内に入り込むことで、免疫反応の一環として肥満細胞からヒスタミンなどの媒介物質が遊離し、血流によって全身に運ばれます。

2.アレルギー反応
過剰なヒスタミンが運ばれた部位で、血管収縮などの反応が引き起されることになり、それが様々なアレルギー反応の引き金となるのです。

3.ショック症状
ヒスタミンが全身に一気に回ってしまうことで、アナフィラキシーショックという症状を引き起し、死んでしまう危険性も発生してしまいます。

アナフィラキシーショックを含め、アナフィラキシー自体を予防するのならば、アレルゲンの摂取を抑制、もしくは一切を禁止することしかありません。

小麦アレルギーも小麦の摂取量を抑えることでアナフィラキシーを抑制し、アレルギー症状を減らしていくことができます。
そうして徐々に摂取できる小麦の量を増やしていき、身体を慣らしていく食事療法なら、完全とは言わなくても小麦アレルギーを治療することが可能となるのです。 

 

(Photo by://www.photo-ac.com/main/detail/1118?title=%E9%AD%9A&c_id=3)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

小麦アレルギーの症状とは

  食物アレルギーの中でも三大アレルゲンをご存知ですか? 三大アレルゲン...

小麦アレルギーによる諸症状

  人体に備わっている免疫機構は、外来の有害な物質から健康を守ってくれる必要不...


危険!小麦によるアナフィラキシーショックとは

日本でも最近多くの人が主食として受け入れているパンの主原料である小麦粉が、より...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る