カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. 小麦 >
  5. 対処法・応急処置 >
  6. "うっかり口にしてしまったら?小麦アレルギーの応急処置 "

アレルギー

"うっかり口にしてしまったら?小麦アレルギーの応急処置 "

 

小麦アレルギーと一口に言っても、その症状の現れ方はその時その時の状態によって千差万別となります。
その時摂取したアレルゲンである小麦の量や、その時の体調によって症状がかなり違ってくるのです。

つまり、小麦アレルギーの症状が発症した場合、その場その場で症状の度合いを確認し、それに応じた応急処置が必要となります。

小麦アレルギーの場合、いつ何処で小麦がわずかでも体内に入ってしまうか予測もできない事が現実です。
いつ何処でアレルギーを発症しても大丈夫なように、応急処置に必要なものは全て用意しておくと良いでしょう。

■小麦アレルギーが発症した場合の応急処置


1.まずは全身の確認
小麦アレルギーなどアレルギー症状は摂取したアレルゲンの量やその時の体調で様々な現れ方をします。
小麦アレルギーが発症したかどうかまず全身を確認し、その後の応急処置を判断するようにするのです。
このとき主に、蕁麻疹の広がり具合や、呼吸の状態、嘔吐や腹痛などがあるかどうかを判断します。

2.症状ごとの応急処置

●蕁麻疹などほんの一部のみ発症
常備している抗ヒスタミン薬などを服用させることで対処します。

●蕁麻疹などが瞬く間に全身に広がる
●咳や喘鳴、嘔吐や腹痛などの胃腸症状
等の症状がある場合は、アナフィラキシーショックに至る可能性が高く速やかに医療機関を受診する必要があるでしょう。
そのさい、応急処置としてアドレナリンの自己注射が有効です。

抗ヒスタミン薬などのアレルギー用服用薬や、万全を期するのならば、アナフィラキシーショックのためにアドレナリンの簡易注射用キット「エビペン」などを常備しておくことをお勧めいたします。

もちろん、重度の症状の場合、自分で応急処置をすることにも限界があるので、あらかじめ周囲の身近な人にその応急処置の知識を伝えておくことも忘れてはいけません。 

 

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/716)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処法・応急処置に関する記事

アナフィラキシーショックの応急処置に!緊急注射用キット「エピペン」特徴とその使い方

  小麦アレルギーが誘発するアナフィラキシーショック、これはアレルギーから...

カラダノートひろば

対処法・応急処置の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る