カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 食物アレルギー >
  4. 小麦 >
  5. 注意点 >
  6. 小麦アレルギーの生活のためのポイント

アレルギー

小麦アレルギーの生活のためのポイント

 

小麦アレルギーなどアレルギー体質となった人は、アレルゲンに触れなければ普段通りの生活ができるのですが、少しでもアレルゲンに触れてしまうと途端に急激に体調を崩してしまい、生活リズムが大幅に乱れてしまいます。

いついかなる時にアレルゲンに触れてしまうか、それはアレルゲンの種類によってさまざまですが、小麦は常に注意が必要な種類のアレルゲンです。

小麦を避け、できる限り普段通りの生活を送るためにしなければいけない生活の注意点があります。

■小麦アレルギーのためのポイント


●小麦を一切摂取しない
アレルギー対策の基本はアレルゲンの一切を摂取しないことに限ります。
特に小麦アレルギーは、小麦が様々な形で食品に利用されているので、食品表示などに注意が必要です。
特に加工食品など見た目ではわからなくても小麦を使用していることが多々あります。

●アレルギー発症時の準備
小麦アレルギーは食事で小麦を摂取するだけが原因で発症するとは限りません。
空気中に飛散した小麦粉、石けんなどに使用された小麦が肌に触れるなどでも発症しうるのです。
突発的なアレルギー発症のために服用薬や簡易注射キットなどを携帯しておくことが求められます。

●アナフィラキシーショックの備え
小麦アレルギーで最も注意しなければいけないポイントこそ、このアナフィラキシーショックです。
アナフィラキシーショックを発症してしまえば、そのまま死に至ることも考えられます。
アナフィラキシーショックを抑えるエピペンというアドレナリン簡易注射キットもありますが、ショック症状が出たときに自分で処置がそうそうできるものではありません。
そこで、家族や友人など周囲の人にそうした応急処置を周知しておくことが、突然のアナフィラキシーショックへの備えとなります。

まず基本はアレルゲンである小麦に触れないよう常に注意すること、そしてそれでももし小麦アレルギーが発症し、最悪の場合アナフィラキシーショックを誘発してしまった場合に備えて、その準備を整えておくことが必要なのです。 

 

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/586)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

注意点に関する記事

小麦アレルギーでも大丈夫な食品を選ぶ

  食物アレルギーにとって重要なのが食品選びです。小麦アレルギーの場合は、いか...

小麦アレルギーが発症する可能性

  アレルギーとはアレルゲンに触れるか、体内に入り込むことによって発症し、...


小麦の種類によってはアレルギーが起こらない?

小麦アレルギーについてみなさんはどの程度ご存知ですか? 小麦アレルギーの人...

カラダノートひろば

注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る