カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 太もも >
  5. 太ももの内側を鍛えてスッキリ太ももへ!

美容・ダイエット

太ももの内側を鍛えてスッキリ太ももへ!

 

 

足を露出する機会の多い夏、太ももが太いとなかなかミニスカートを履く勇気が出ません。

特に太ももの内側部分はプニプニとたるんでしまっていて、ダイエットしてもなかなか細くならないものです。

これは太ももの内側の筋肉はあまり日常生活では使われていないからです。筋肉を使えば自然と筋肉も付いてきます。

しかしあまり使われることのない筋肉は筋肉が付きにくく、脂肪が目立ってしまうのです。

 

太ももの内側を鍛えるエクササイズ

日常生活で使われにくい太ももの内側の筋肉は、特別なエクササイズなどを行って意識的に筋肉をつけてあげなくてはなりません

特に効果的なのはスクワットです。場所も取りませんし機材も必要ありません。

1度に20回程度を一日に3回ほど行ってやれば、効果があるでしょう。エクササイズを行う時は、太ももの内側の筋肉が使われているかどうか、確かめながら行うようにしましょう。

筋肉痛で多少痛いと感じる程度行うと、普段使われていない太ももの内側の筋肉がしっかりと使われた証拠でもあります。常に意識しながら行うようにしましょう。

 

ヒップアップが太ももを引き上げる?

全ての筋肉は各部分で必要な動作を行うために必要なもので、それらは体が連動して動かせるようにつながっています。

特に太ももとお尻の筋肉は場所も近く、体の動きの連動性からみてもとても密接に働いています

ヒップアップのエクササイズを合わせて行うことで、太ももの筋肉も上に引き上げられ、スッキリと細くなるので、太もものエクササイズとヒップアップのエクササイズを合わせて行うとより効果的です。

 

太ももの内側部分とヒップアップのエクササイズを行い、プニプニしてたるんだ太ももをスッキリさせてみましょう。

それだけで大分印象が違ってくるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

(Photo by: [//www.pakutaso.com/201257photo039post-1176.html])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

太ももに関する記事

仕事・通勤の待ち時間は太ももエクササイズに使おう!

  季節の移り変わりは服の移り変わりと共にやってきますから、それが憂鬱を連れてく...

歯磨きしながら大きく足を動かしてシェイプアップ!

  日本人には特にと言いますが、下半身にお肉がついている人が多いです。特に太も...


太ももが細くならない原因を知ろう

    ダイエットしても痩せない太もも!? 夏に向けてダイエットして体重は...

毎日の家事をしながらダイエット!食器を洗いながら、洗濯物を干しながら、コロコロしながら…

主婦の大事な仕事は毎日の家事ですよね。ですからその家事をしながらダイエットがで...

カラダノートひろば

太ももの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る