カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 産後ダイエット >
  5. 産後のダイエットは食事から

妊娠・出産

産後のダイエットは食事から

産後の余分な脂肪を早く落としたいと悩んでいませんか?

 

産後6カ月までは脂肪が落ちやすい状態にあります

6か月を超えてしまうと、なかなか元の体型へ戻す事は困難なのです。

しかし、産後のダイエットで過剰な食事制限をしてしまうと、母乳の栄養を損なう結果へとつながります。 

授乳中の食事制限は絶対してはいけません。

むしろ、バランスの良い食事を3食きちんと摂る事が必要なのです。

食事でダイエットをしたい時はどうする?

食事である程度の体重や脂肪を落としたいのなら、方法は一つです。

食事バランスを整える事です。

バランスの良い食事というのは、6大栄養素の炭水化物・糖質・たんぱく質・ミネラル・ビタミン・食物繊維です。

この中で制限する物を選ぶとしたら、糖質でしょうか。 

3食和食を食べれば、お米からの糖質で十分まかなえます

という事は、余分な糖質はカットしても良いのです。

余分な糖分は甘いお菓子や、砂糖をたくさん使った煮物などです。

摂り過ぎは、母乳の質を落とす原因ともなります。糖分に加えて塩分も控えるようにしましょう。

 

糖分を控える事で、大幅なカロリーカットで体重増加は防げるでしょう。 

痩せるならカロリーカット+基礎代謝を上げる運動

カロリーをカットしたところで、産後ダイエットにはあまり効果はありません。

食事でダイエットをする場合は、やはり運動は不可欠です。

基礎代謝をあげる程度であれば、激しい運動は必要ありません。

 

まずは、産後の回復の様子を見ながらストレッチから始めてみましょう。

血液の流れが良くなり、脂肪を燃焼しやすい状態へと導いてくれます。

 

産後の体調が完璧に回復したと思ったら、ウォーキングをしましょう。

10分~20分程度を毎日続ける事がコツです。

慣れてきたら少しずつ時間を延ばしましょう。

脂肪が燃焼しやすい状態へなると、みるみるちに脂肪が落ちていくでしょう。

 

しかし、それだけではいけません。

ある程度の筋肉をつけておかなければ、脂肪がつきやすい身体のままになってしまいます。

ウォーキングは継続的に行いましょう。

 

腰痛予防にもなる、背中や腰回りの筋肉を鍛えるには、背筋をまっすぐにしたウォーキング方法が効果的です。

 

ダイエットは、見た目と体調を改善する為にする事です。

健康的にダイエットをする為に、栄養たっぷりの食事と適度な運動をしましょう。 

 (Photo by: //sozaing.com/photo/%e3%81%94%e3%81%af%e3%82%932.html)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

産後ダイエットに関する記事

産後の体に効果バツグンな骨盤底筋トレーニング♪日本とちょっと違うフランス式のトレーニング

  フランスでは、出産でダメージを受けた骨盤底筋を回復するのに、保険が適用される...

出産後の骨盤のケアで腰痛や気になる下半身太りを改善!

  出産後、お尻が大きくなった、ポッコリお腹で洋服が入らなくなった、腰痛、恥骨痛...

産後ダイエットの体験談

母乳で痩せた!産後1ヶ月で体重が5kg減少

妊娠すると、体重がみるみる増えていき……(><)1人目の産後の体重減少気づいた時には妊娠前から+15...

甘くみてた、、、産後ダイエット!

つわりが落ち着いた頃から過食気味になってしまい先生に体重を注意されていました。出産直前にはプラス13...

カラダノートひろば

産後ダイエットの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る