カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 足首 >
  4. 予防 >
  5. 体重管理も重要!かかとへの負担を減らそう

関節痛・腰痛

体重管理も重要!かかとへの負担を減らそう

 

足はスポーツなどで激しく動かしたときに痛みやすいものですが、普段はいている靴の形や、歩き方のくせが悪いと、足に負担をかけている場合があります。

 

 

かかとへの負担が足首に直結

歩くということにおいてどこを歩くのかも非常に大切です。普段歩いているのはどういった環境でしょうか。土の上を歩くことが多かったり、アスファルトの上しか歩かないという人もいると思います。アスファルトのようにかたい地面は、歩くという動作をしているだけでかかとを地面にぶつけていることにもなります。そのため日常的に行っている歩行が知らず知らずのうちにかかとから足首にかけてダメージを蓄積させているかもしれません。

 

正しい歩き方

生活範囲のまわりにアスファルトが多ければそれは避けようのないことです。しかし、歩き方によってはかかとへの衝撃を軽減することも出来ます。

かかとに負担をかけないように歩くには、つま先を地面にしっかりつけて歩きます。足指を地面につけない歩き方は一般的には指上げ歩きと呼ばれますが、指を地面につけずに歩くことによって、全体重を支える点がかかとだけになってしまい、分散されるはずの衝撃がかかとだけに集中してしまいます。また、そのときの衝撃が強いほど足首がクッションとしてその衝撃を受けることになり、足首にも負担がかかります。

 

体重が重い人は体重管理を

言うまでもなく、足への衝撃は体重が重いほど、足が地面に着地するときの衝撃は大きくなります。体重が重くてもそれに見合った筋肉があれば問題がないのですが、急激に体脂肪だけが増えてしまった場合などは、脂肪量と筋肉量のバランスが悪く、足の負担が大きくなります。そのため、適正体重に保つこともかかとへの負担を減らす予防策と言えます。

 

 

本来人は足の裏の3点で体重を支えていると言われています。それは足の前方2点とかかとです。このバランスが整えば、かかとに過度に負担をかけている状態よりも7割ほど負担が軽減されるとも言われていますので、今一度バランスの良い歩き方を目指してみてください。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/07/18-005464.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

原因・症状によって異なる足関節痛の予防法

  ひとくちに足関節痛と言っても症状や種類、原因は実に多岐にわたります。そのた...

捻挫にしっかり対処して足首の関節痛を予防

  足首の関節痛、特に変形性足関節症においては捻挫や骨折が原因で引き起こされる...


怪我の再発予防に使えるサポーター

  足首ねんざなどをした後は特に後遺症に注意したいところです。足首ねんざが原因...

足首の痛みの原因となる外反母趾を予防する

  足首の痛みを引き起こす原因の一つに、外反母趾があります。ハイヒールをはく機...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る