カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. いびき >
  4. 注意したい ”子どものいびき”

不眠・睡眠障害

注意したい ”子どものいびき”

 

bed004.jpg
本来、健康な子どもはいびきをかくことはめったにありません。それでもいびきをかいていたとしたら要注意!睡眠時の酸素不足は育ち盛りの子どもにとっては特に深刻です。今回は子どもにみられるいびきについて見ていきましょう。
 

原因

子どもはもともと気道の上部がまだ狭いことが多いですが、扁桃やアデノイド(いわゆる”扁桃腺”と呼ばれる部分やその奥の部分)の肥大によって気道が塞がれてしまうといびきや無呼吸が起こってしまいます。また小児肥満症やアレルギー性鼻炎による鼻づまりも原因として考えられます。
 
小さな子どもは自分で身体の異状に気づくことは難しいですよね。大人がしっかりとチェックし、病院へ連れて行ってあげることが重要です。以下のチェックポイントもしっかり確認してみましょう。
 

チェックポイント

いびきの他にも、寝ている間の特徴で次のようなことが当てはまった場合は無呼吸症候群の症状を疑いましょう。
 
・肩で息をしている
・短時間でも呼吸をしていない
・息を吸う時に胸がへこむ
・いつも口を開けている
 
この他にも扁桃性の肥大によって食が細くなったり、無呼吸によって寝起きが悪かったりおねしょが多くなる(利尿ホルモンが分泌されるため)ということもあります。
 

治療

扁桃やアデノイドの肥大が原因の場合は手術になることもあります。手術というと回避したいイメージがありますが、最初に述べた通り睡眠時の無呼吸は子どもの成長の妨げとなってしまいます。酸素が足りなくなるだけでなく、睡眠が浅くなることで成長ホルモンの分泌も減ってしまうためです。
 
子どものいびきを発見したら、耳鼻咽喉科や小児科、内科、または睡眠外来を受診し、専門医とよく相談しましょう! 
 

(Photo by //www.ashinari.com/)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

いびきに関する記事

安易に手術は危ない!いびきや「睡眠時無呼吸症候群」治療の落とし穴!?注意すべき点とリスク

いびきによっては手術でいびきの治療をすることがあります。いびきや「睡眠時無呼...

いびきをかくと呼吸が止まる!?睡眠時無呼吸症候群について

  驚くべきことに、いびきをかいている人の70%が、睡眠中に呼吸が止まっている...


仰向け?うつ伏せ?寝る姿勢でいびきを予防!

いびきで悩まされている方も多いのではないでしょうか?睡眠が浅くなることや健康への...

赤ちゃんのいびきは大丈夫?考えられる原因・疾患は?

赤ちゃんでも、いびきをかくことがあるのはご存知でしたか? 突然我が子がいび...

カラダノートひろば

いびきの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る