カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 産後ダイエット >
  5. 正しいウォーキングで、産後の脂肪とさよなら

妊娠・出産

正しいウォーキングで、産後の脂肪とさよなら

出産を終えて、ダイエットをしたい方必見です!

 

妊娠中は、赤ちゃんを守る為に脂肪が付きやすくなっています。しかし、出産後はもうこの脂肪不要なのです。そのままにしておくと、脂肪がなかなか落ちない体へとなってしまいますよ。

 

この妊娠中についた脂肪は、出産後6カ月以内が落ちやすいと言われています。この期間を逃さないようにしないと、脂肪落ちにくくなってしまいます。この機会は逃さないようにしましょう!

 

ダイエット法

出産後は体調が万全に戻っていない、寝不足等で過度な運動は禁物です。ダイエットで体調を崩すという事だけは、避けなければなりません。しかも、授乳や子育ての体力の為にも、食事制限のダイエットはできません。

 

ではどうすれば無理なくダイエット出来るのでしょうか?

 

軽い運動をしたり、おやつなどの甘い物を減らしたり、脂物を減らす方法しかありません。軽い運動なら、ウォーキングがお勧めです。

 

ウォーキングには脂肪燃焼をする効果や、新陳代謝を良くする体質改善効果があります。又、腰痛の緩和にも効果があるので、産後の運動に最も適しているのです。

 

しかし普通に歩くウォーキングとは違います。どう歩けばいいのか、そのポイントを下記にてご紹介します。

 

歩き方のポイント 

1.足を大きく前に一歩出します。出した足は、かかとから着地→足の親指で地面を蹴り上げまする。蹴りあげる際、最初はかかとから離していきます。

 

2.呼吸は吐く方を重視しましょう。一定の呼吸が乱れない様な速度で歩き、吸い過ぎには注意しましょう。

 

3.目線は遠くを見るようにまっすぐの視線で、顎を軽く引きます。背骨は丸めない様、背骨をしっかり伸ばしましょう。

 

4.内股や外股にならないよう、つま先がまっすぐ進行方向に向いている事を意識しましょう。

 

5.肘は軽く曲げ、歩くペースに合わせて、しっかり振ります。

 

6.靴はサイズの合った運動靴にしましょう。かかとがすり減っていたりすると、姿勢が傾きます。ウォーキング前に確認しましょう。

 

長い距離を長時間歩かなくても大丈夫です。正しい姿勢で歩くこと意識すれば、短時間でも血流が良くなります。まずは短時間で毎日続ける事が大事です。

 

10分~15分であれば、お子さんを家族に預けウォーキングする事で、育児の気分転換にもなりますよ。

 

毎日続ければ脂肪は落ち、適度な筋肉がついて太りにくい身体へとなるでしょう。

(Photo by: http://model.foto.ne.jp/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

産後ダイエットに関する記事

出産前後で体重は全く減らなかった!?先輩ママさんの出産体験談

『妊娠で増えた体重は、授乳のときに戻る』『授乳は結構カロリーを消費する』と昔...

産後の骨盤矯正でダイエット効果!?

出産を終えた方、ほっと一安心したところでしょうか? 産まれてきた赤ちゃんの...

産後の体験談

離乳食開始!椅子はどれを選ぶ?

生後5ヶ月から始まった息子の離乳食。 離乳食を始めるにあたり、必要になるのが椅子です。 ハイ...

バギー選びのアレコレ

お座りが出来るようになった7ヶ月頃、バギーを購入しました。 それを3歳頃まで使う気満々で…シンプル...

カラダノートひろば

産後ダイエットの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る