カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. >
  4. 症状 >
  5. 最初は首の痛みから!頸椎症の諸症状

関節痛・腰痛

最初は首の痛みから!頸椎症の諸症状

 

首の老化は椎間板からはじまっていくとされています。椎間板はゼリー状の物質が詰まっているのですが、徐々にその中の水分が失われていき、弾力がなくなり、薄くなっていきます。椎間板とは首を構成する骨同士の衝撃吸収の役割をしている部分ですから、そのクッションがなくなることで、頸椎自体に影響を及ぼしていきます。

 

 

頸椎症の症状

首の痛み

手や指のしびれ

手や指の麻痺

…ボタンがけがしにくい、字が書きにくい、箸が持ちにくいなど

脚のしびれ

脚の麻痺

…つまずきやすい、脚を動かしたときに違和感があるなど

排泄機能障害

…便秘、排尿がスムーズでない、頻尿など

 

年齢

頸椎症の下の原因となる椎間板の老化に伴う変形は、割合若いうちから始まると考えられています。そしてその老化が積み重なり、50代から60代ころには何らかの変形が起きてしまうことが多くあります。

 

椎間板が変形すると、頸椎自体に首の骨を動かしたときの衝撃などが直接加わるようになります。それによって、椎骨が変形し、骨棘(こっきょく)と言われる棘のようなものができます。この骨棘や変形した骨によって神経系が刺激されたり、頸椎と頸椎の間が狭くなることによってできる頸椎関節の変形によって痛みや様々な症状が引き起こされます。

 

 

最初にあらわれるのは首の痛みです。しかし、普段の姿勢の悪さから一過性の首の痛みを感じることが多い場合は、「いつものことだ」という思いからこの痛みを無視してしまうこともあります。加齢とともに頸椎症の危険は高まりますから、普段首に負担をかけて、首の痛みを感じることが多い人こそ、注意して観察してみてください。

  

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/05/01-004344.php?category=52])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

むちうちの後遺症で全身に不調が?!不安になったら読んでみましょう

事故などでむちうち症を起こした後の後遺症に悩んでいませんか?または、体の不調がむ...

むちうち症での体の不調が自律神経失調症を起こす危険が!?

交通事故によって起こる、むちうち症。必ずしも、首や背中の痛みを伴うものではない...


40代以降は特に注意したい頸椎症の症状

  年を取ると体のあちこちが痛んできて、病気を疑ってしまうこともあるかもしれま...

むち打ち症は痛いだけではない!?耳鳴り、難聴、吐き気、嘔吐、しびれ…様々な症状が!

自動車事故で起こるむち打ち症、実は痛いだけが症状ではないんですよ。 首や背中の...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る