カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 内分泌 >
  4. 甲状腺疾患全般 >
  5. 子供がかかりやすい甲状腺の病気

気になる病気・症状

子供がかかりやすい甲状腺の病気


甲状腺ホルモンは、子供の成長には欠かせないホルモンです。これが不足する機能低下症は、発育や発達に深刻な影響を及ぼします。
 
子供がかかりやすい甲状腺の病気についてみてみましょう。
 

■クレチン症

クレチン症は先天性の甲状腺機能低下症であり、知能の発達の遅れや知的障害が問題となります。
 
ただし、現在は新生児マススクリーニング検査が実施され、早期発見・早期治療が行われるようになっているために、ほとんど心配はありません。
 

■甲状腺機能低下症

非常にまれですが、子供にも甲状腺機能低下症が起こることがあります。先天性のクレチン症と異なり、発育の途中で発症するのが特徴です。
 
病気に気付くポイントは、身長の伸びの遅れです。小学校入学時になっても、身長が一メートルに満たないような場合は注意が必要です。早めに甲状腺専門医に診断してもらうようにしましょう。
 
治療は早ければ早いほど効果があり、発育の遅れを取り戻すことができます。
 

■甲状腺腫

思春期の女子に、首の腫れが見られることがよくあります。これは「単純びまん性甲状腺腫」といって、症状は首の腫れだけである場合がほとんどです。思春期の女子に多いため、「思春期性甲状腺腫」と呼ぶこともあります。
 
何らかの原因によって甲状腺ホルモンが不足するようになり、それを補うために、甲状腺が肥大すると考えられます。
 
首の腫れは一時的なもので、治療の必要はありませんが、定期的に血液検査や超音波検査を行ってホルモン機能や腫瘍のチェックをする必要があります。将来バセドウ病や橋本病などになる可能性があるからです。
 

■急性化膿性甲状腺炎

生まれつき喉の奥に、下咽頭から甲状腺に向かって通る細い管(下咽頭梨状窩瘻)を持っている人だけが発症する病気です。この管に細菌が入り込んで感染し、甲状腺やその周囲に炎症が起こります。小さな子供に見られる病気ですが、大人にもあります。
 
主な症状としては、喉の片側(左側がほとんど)の痛みや腫れ、発熱などがあります。特に、食事や水などを飲み込むときに強い痛みを感じます。
 
軽症の場合は抗生物質で治療しますが、腫瘍ができている場合は手術で摘出する必要があります。再発を繰り返す場合にも、管を塞ぐ手術が必要です。
 

■子供のバセドウ病

子供のバセドウ病は、大人ほど多くはないとされていますが、小学校、中学校、高校と進むにつれ、だんだん増えてきます。
 
子供と大人とでは、バセドウ病の症状の表れ方に違いがあります。大人のような体の症状(眼球突出や体重減少)が少なく、情緒や行動面に変化が表れやすいのが、子供のバセドウ病の特徴です。
 
具体的には、イライラして情緒不安定になったり、集中力が低下したりします。自分でもなぜそうなるのか分からず、家族にうまく伝えられずに孤立感を深めたり、友達との人間関係もうまくいかなかったりして不登校になる子もいます。
 
バセドウ病は体だけでなく、精神面にも影響する病気です。原因が分からない場合は、一度甲状腺の専門医を受診してみることをおすすめします。
(Photo by //www.photo-ac.com/ )

著者: a・inazawaさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

甲状腺疾患全般に関する記事

甲状腺エコーの検査と甲状腺病の治療は何科で行うの?

  甲状腺エコーや甲状腺に関する病気など、どの科に行けばいいかわからないと悩ん...

甲状腺ホルモン剤と他の病気の薬と飲み合わせを検証

  甲状腺の病気には、ホルモンバランスがくずれる型と、甲状線種という腫れる型があ...


甲状腺の病気はなぜ起こるのか?

甲状腺の病気はなぜ起こるのか? 甲状腺の病気がなぜ起こるのか、はっきりとした...

きちんと知ってる?バセドウ病って甲状腺がどんな状態なの?

  バセドウ病ともっとも深いかかわりにあるのは甲状腺ですが、そもそも甲状腺...

カラダノートひろば

甲状腺疾患全般の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る