カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. >
  4. 暮らしの工夫 >
  5. 枕選びは実はとても大事!自分に合ったまくらを選ぶためのポイント

関節痛・腰痛

枕選びは実はとても大事!自分に合ったまくらを選ぶためのポイント

 

枕の高さが合っていないせいで首の痛みが引きこされることは多々あります。また、それとは逆にすでに何らかの慢性的な首の痛みを持っているときに、自分に合わない枕を使っていると、首の痛みが助長されて、非常につらいということもあります。

 

 

病的な首の痛みがあるとき

一過性の首の痛みではなく、何らかの原因があって首の痛みを感じている場合、枕に気を配ることは必須です。日頃の姿勢や生活習慣に気を配っていても、1日の3分の1を占める睡眠をおろそかにしては完全に首を労わった生活をしているとは言えません

 

床に対して5

寝ているときの正しい姿勢は、直立しているときの正しい姿勢と同じです。正しい姿勢であれば首の骨が程よくカーブをしている状態になります。寝ている状態でこれを知るためには、鼻と額を使っておおよそが分かります。仰向けに寝て、額と鼻の先を結んだ線が、床に対して5になっていればOKです。これを保てる枕が、自分に適した枕ということになります。

 

平均3㎝と4

人の体格に個人差があることから、枕の高さも個人差が大きくあります。大体女性が3㎝弱で、男性が4㎝前後ですが、これはあくまでも目安です。

 

体重が重い・猫背・横向き・うつ伏せ

標準体重よりも体重が重い人は、体が人よりも沈むので、標準体重よりも1㎝~2㎝高くなります。また、猫背の人の場合、背中の丸みの分標準の高さよりも~1㎝高い方がよいかもしれません。そして、横向きでいつも寝るという人もいると思います。そうすると肩の幅が加わりますから、~1㎝高くしても良いですし、うつ伏せで寝ているという人は1㎝~2㎝低くするとよいかもしれません。

 

 

単純に柔らかい枕を選べばいいというものでもないですし、他の人によかったから自分にも良い効果があるというわけではありません。首の痛みに効くという宣伝文句の枕であっても、自分に合うのかどうか、しっかりと判断してみてください。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/11/24-373378.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

暮らしの工夫に関する記事

首の血行改善に使えるツボ

  慢性疲労や姿勢などが原因の首関節痛、いわゆる首こりと呼ばれる症状にはツボ押...

枕を変えるだけ!?首痛を緩和する枕選びのポイント

  体を休める時間と言えば寝る時間です。ところが、枕の選び方によっては寝る時間...


原因不明!?脊柱靭帯骨化症にならないために、日常生活でできる注意点

脊柱とは、首の骨である椎骨の中にある脊髄が通っているトンネルです。椎骨は首に7...

現代人なら知っておきたい!少しの注意で首の負担を軽くする携帯電話使用法

  今やひとりに1台は当然とも言われているのが携帯電話です。携帯電話を使ってい...

カラダノートひろば

暮らしの工夫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る