カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 産後ダイエット >
  5. 骨盤は何故ダイエットに影響するの?

妊娠・出産

骨盤は何故ダイエットに影響するの?

骨盤は何故ダイエットに影響するのかご存知ですか?


実は、ダイエット以外にも、女性の健康や美容に対して重要な役割があるのです。
骨盤のずれやゆがみによって生理不順生理痛便秘などの症状を引き起こしてしまう事もあります。
また、骨盤のずれによって生じた内臓が下へ下がり、下腹がぽっこりしてしまうこともあるのです。


骨盤のずれやゆがみを元に戻すだけで、新陳代謝がアップしたり、冷えやむくみ生理痛などが改善されます。
しかも腰回りについた脂肪が取れ、自然と脂肪の付きにくい体質にります。


簡単にできる!産後の骨盤矯正


お尻で床を歩きましょう!


骨盤矯正と言うと、専門の整体等で行うものというイメージがありませんか?
実はもっと手軽にできるんです。

 

それがお尻歩きです。

 

1.足を伸ばして床に座りましょう。この時、背筋は伸ばし、顎を引きましょう。

2.腕を軽く曲げ、ウォーキングする様に、大きく腕を振り、お尻を左右交互に動かしながら前へ進んでいきます。


お尻が痛い時は、カーペットの上や畳の上が良いでしょう。

5~10分毎日続ける事で、骨盤が正常の位置に戻りやすくなります。
特にこの体操が効果があるのは、産後6か月以内です。


妊娠中は出産に備えて、骨の関節を緩めるホルモンを分泌します。
出産後は骨盤が開いたままの状態になります。関節を緩めるホルモンの分泌はなくなりますが、骨盤は元には戻りません。

 

また、妊娠中に脂肪をつきやすくするホルモンの影響により、あらゆるところに脂肪がついているでしょう。

そのホルモンの分泌も、出産後徐々に減ります。

出産後6カ月以内は、その脂肪が最も落ちやすい時期なのです。

 

骨盤を締める為に出来る事


・骨盤を締めるコルセットやベルトを使用する
・骨盤を締める体操をする
・整体等で骨盤矯正をしてもらう

 

併用すれば効果が上がり易くなります。
まずは、身近にできる運動から始めてみましょう。
妊娠中の運動不足も解消され、ダイエット効果が現れる事でしょう。


 

(イラスト by: //www.fumira.jp/cut/medical/file162.htm)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

産後ダイエットに関する記事

妊娠太りをしている産後に効果的なウォーキング

  妊娠中腰回りや腕など、あらゆるところに贅肉が付いていませんか?   ...

出産後のママの体重戻しに!赤ちゃんにもママにも嬉しい栄養満点の「青汁」がスゴイ!

産後は赤ちゃんに母乳をあげていれば、あるいは産後の育児に忙しくしていれば、痩...

産後ダイエットの体験談

母乳で痩せた!産後1ヶ月で体重が5kg減少

妊娠すると、体重がみるみる増えていき……(><)1人目の産後の体重減少気づいた時には妊娠前から+15...

甘くみてた、、、産後ダイエット!

つわりが落ち着いた頃から過食気味になってしまい先生に体重を注意されていました。出産直前にはプラス13...

カラダノートひろば

産後ダイエットの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る