カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

介護・認知症

認知症は遺伝なの?


oldman004.jpg



家族が認知症となると、それ自体の心配に加えて遺伝の可能性を不安に訴える人が多くいます。
確かにアルツハイマー型の認知症では、遺伝による発症のリスクが考えられていました。



遺伝によるリスクが大きいと言われている「家族性アルツハイマー」の解明はすすみ、現在ではある特定のタンパク質中の遺伝子が原因であるとわかっています。



しかしその家族性アルツハイマーは全体のアルツハイマー型認知症の中では2%にも満たないほどの発症率であると言われています。



つまり、アルツハイマー型認知症の原因として遺伝は全くない訳ではありませんが、とりたてて深刻に心配するほどの可能性では無いということです。






遺伝ではありませんが、脳血管性認知症の場合は元々の体質、食生活や生活スタイルが危険因子となる場合があります。
遺伝子レベルでの因果関係は無いものの、発症した家族と同じ生活スタイルである場合は、自分の生活スタイルも見直す必要があると考えてよいでしょう。
これは認知症に限らず生活習慣病にも当てはまることですね。





たとえ家族や親戚が認知症を発症したとしても、不必要に遺伝の不安をするのはやめましょう。
遺伝による発症のリスクよりも、そのストレスの方がよほど身体に悪影響かもしれません。



(Photo by //www.ashinari.com/2012/11/22-373354.php?category=10 )

著者: サラダさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

『認知症とアルミニウムの摂取には関係がある』の真偽は?

  現在では、『認知症とアルミニウム』の関連性は否定されている   1...

10代でもアルツハイマーになる!?若年性アルツハイマー病

      老人に多いとされてきた『アルツハイマー病』ですが、近年では18歳から...


認知症患者の心に寄り添う~徘徊の種類と原因

  認知症の高齢者のうち、20%の人に起こるという徘徊は、近所を歩き回る、...

実はあった!アルツハイマー型認知症になりやすい病気!

   アルツハイマー型認知症は、認知症の中でも最も多く、軽度の記憶障害から...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る