カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

介護・認知症

投薬以外の治療法


leaf001.jpg


アルツハイマー型認知症や脳血管障害型認知症は、その特効薬となるような薬物は未だ見つかっていません。

しかしその一方で非薬物療法による認知症の改善がたくさん試みられています。
投薬ではなく、精神面や環境面への働きかけで症状を和らげるのが目的です。
科学的にはっきりとした効果が照明されているわけではありませんが、認知機能(記憶など)や認知症患者の不安感などの随伴症状の改善が期待できると言われています。



<代表的な非薬物療法>

・音楽療法

音楽を聴くほか、歌ったり楽器の演奏をする。
認知機能が低下しても感情や感性は変わらないため、音楽を通じて精神的な安心感を得ることができる。
効果は一時的な場合が多い

・動物療法

動物とのふれあいを通じて楽しみや喜びを感じてもらう
連れてくるのは危害を与えない、大人しい動物である必要がある。
動物が苦手な人には逆効果になることも。
感染症への配慮も十分にする必要がある。

・アロマテラピー

香りで精神的な安定を得る。
脳が香りによって刺激を受けたり、不眠に効果があるとも言われる。
近年では認知症の人向けにブレンドされた精油の開発も進んでいる。

・回想法

鮮明に覚えている過去の記憶を話し合うことで、情緒的な安定感を得る。
話題の提供は楽しいことを思い出すようなものにし、嫌なことや辛い記憶には触れないように注意する必要がある。

・見当識療法

認知機能が比較的維持されている人は、時間や場所などの情報を繰り返し提供することで認知機能の低下を食い止めたりある程度改善できることがある。
重度の認知症には用いることができない



(Photo by //www.ashinari.com/2012/11/18-373208.php?category=2 )

著者: サラダさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

非薬物療法に関する記事

アルツハイマー病の治療薬として期待される最新研究3例とは?

  アルツハイマー病の治療研究は進歩している   1907年に、アルツ...

認知症の治療に治療薬を使わない非薬物療法 非薬物療法のメリットとは?

 認知症を改善するには治療薬を使わない非薬物療法があります。これは治療薬を使わな...


アロマ精油の種類と効能

   アロマセラピーに使われる精油は多岐にわたりますが、その中でも認知症に効果的...

臨床美術=お絵かき 認知症の機能改善に効果的なアートセラピーをやってみよう

  認知症の機能改善に効果的なアートセラピーなど臨床美術の効果は有効なものですが...

カラダノートひろば

非薬物療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る