カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 腎臓・膀胱・尿管 >
  4. 腎不全 >
  5. 透析を始めたらもう治療がいらない?

気になる病気・症状

透析を始めたらもう治療がいらない?

 

 

 

慢性腎臓病がステージ4以上になると、腎臓の代わりをしてくれる透析について考え始めます。日本では年間37000人が透析療法を開始しており、年間10000人ずつ増えていると言われています。

 

今回は透析療法についてまとめました。

 

透析療法はなぜ必要なの?

慢性腎臓病がステージ5になると、腎臓の濾過機能がほとんど働いていない状態です。

そのため、尿毒症や心不全による命の危険があります。

そこで、腎臓の代わりに人工的な方法で血液を濾過する必要があります。

 

3種類ある透析療法

透析療法は、血液透析と腹膜透析、在宅透析の3種類あります。

 

血液透析
事前に手首に血液の出入り口となるシャントを作るため、動脈と静脈をつなぐ手術が必要です。また、シャントの感染や詰まりを予防するための管理も重要です。
メリットは、老廃物の除去率が高く、週に2~3回と定期的に通院するので、医学的なケアやフォローを受けることができます
デメリットは、1回の透析で4時間と拘束時間が長く、仕事や生活が制限されます。また、透析期間が長くなると、心不全、脳血管疾患といった合併症の危険性が高くなります

 

腹膜透析
自分の腹膜を使う方法で、手術で腹部に専用のカテーテルをつなぎ、そこから透析液を注入・排出し、老廃物を取り除きます。
血液透析に比べて、透析後に起こる合併症も少なく、食事制限も比較的ゆるやかです

 

メリットは、血液透析に比べて、残された腎機能を維持しやすいです。また、拘束時間が1日4回、1回あたり30~45分と拘束時間が少なく、家庭や職場でできるので、仕事や生活への影響が少ないです。通院は週に1回から月1回程度です。

 

デメリットは、腹膜の働きが悪くなるので、長期間(個人差はあるが5年位)の治療ができません。5~10年で血液透析に切り替える必要があります。また、正しく管理しないと感染症の危険が高くなります。他にも、治療を長期に続けるうちに、あるいは腹膜炎などが引き金となって、腹膜が厚くなってしまい、腸の動きが悪くなってしまう被嚢性腹膜硬化症という合併症があります。

 

在宅透析
自宅に透析機器を設置して血液透析ができます。在宅透析は通院が月に1~2回と通院する手間がありませんが、いくつかの基準(医師の承認がある、自己管理ができる、合併症がなく体調が安定している、透析装置・水処理装置の設置場所、材料保管場所があるなど)をクリアすることが可能であれば、体への負担を軽減できるといったメリットがあります。

 

 

透析をすれば治療はいらない?

透析は、正常な腎臓の機能の約1/10程度の働きしかしません。

そのためで、食事療法(塩分、たんぱく質、摂取エネルギー、カリウム、リンなどの制限)や水分摂取を続ける必要があります

透析をすれば、治療がいらないということはありません。特に水分の制限は重要です。

 

 

透析には、それぞれメリットやデメリットがあるので、主治医とよく相談して決めましょう。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/10/27-372182.php?category=297)

 

著者: mymakikoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腎不全に関する記事

慢性腎不全のリスクを招く病気って何?

   慢性腎臓病は、他の病気が原因で起こるものと、腎臓そのものに発症する病気に...

慢性腎不全は不治の病?

透析を受けるようになると『もう自分の病気は治らないんだな』と思ってしまう方も...


慢性腎疾患で合併症として引き起こされる後天性腎性尿崩症とは

      尿崩症とはどんな病気? 尿崩症は、体内の水分が尿として排出さ...

腎不全に伴う高カリウム血症の新規治療薬…その実力は?『パチロマー』について

腎臓疾患や心不全の予防には『アンジオテンシン阻害剤』が治療薬として用いられます...

カラダノートひろば

腎不全の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る