カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 足首 >
  4. アキレス腱断裂は治療約6ヶ月!?捻挫などの足首の症状や応急処置など

関節痛・腰痛

アキレス腱断裂は治療約6ヶ月!?捻挫などの足首の症状や応急処置など

アキレス腱断裂後の運動復帰は手術後約6ヶ月が目安

皆さんの周りにアキレス腱が断裂してしまったという経験を持つ方はいらっしゃいますか?この傷害はスポーツ選手など若い方に起こるイメージがありますが、実は中高年の方の割合もかなり高いと言われています。

 

アキレス腱はふくらはぎの筋肉(腓腹筋)の腱で、足首の後方にあります。若年者では腱に柔軟性がありますが、中高年になると少しずつ硬くもろくなり、スポーツ等で不意にダッシュしたりジャンプしたりすると腱に無理な力がかかり、断裂することがあります。

 

断裂した腱はギプス固定で治す方法もありますが、長期間の固定を要してしまいますので、もう一つの選択として腱を縫合して治す方法があります。手術的治療のメリットは、断裂した腱を確実に修復できることと、それによりギプス固定期間を短縮し歩行開始も早くできるため、下肢の筋肉・骨の衰えを少なくできるということです。

 

アキレス腱縫合術、リハビリ、予後について

◆アキレス腱縫合手術について

アキレス腱縫合術とは、まずアキレス腱のある部分の皮膚上に約6~10cmの切開を加え、断裂したアキレス腱を確認して縫合していきます。縫合方法は非常に難解であるため、限られた医師にしか出来ないものであるので、病院を選ぶ必要があるようです。

術後にはギプスを巻いて固定します。約2週間でギプスは取る事が出来るとされています。

 

◆リハビリについて

血流機能や筋肉の機能、骨・関節機能などは、不必要に安静にしているとその機能が低下し、回復に相当な期間と苦労を要してしまいます。そのため、状態が避ければ手術後に出来るだけ早期にリハビリを開始し機能回復を図ります。

 

松葉杖であれば手術翌日から歩行が可能です。ギプスを巻いた状態なので、ブーツ型装具を装着して、少しずつ体重をかけながら歩行訓練を行います。約1ヶ月後にブーツ装具が外れます。日常生活にほぼ支障がなくなるのは手術後約2ヶ月で、スポーツなど本格的な運動を始められるのは約6ヶ月後とされています。

 

◆予後・後遺障害等について

アキレス腱が断裂した足関節は、治療後に多少の関節の可動域(動き)減少と筋力低下が残ることもあるとのことです。

 

リハビリの際は、早く復帰しようと焦って患部に無理をさせ、状態を悪化させてしまうことがあります。このアキレス腱のリハビリにおいても、手術後6ヶ月以内の時期に無理がかかれば再び断裂してしまい、再手術が必要になるケースもあるようです。

 

リハビリはやはりプロである作業訓練士の方のメニューを守り、一日一日じっくり向き合っていく必要があると思います。

 

足首の腫れにはアイシングを!

足首が損傷したとき、足の痛みに患部の腫れを伴っている場合が多くあります。この腫れを抑えるために、応急処置的に患部を冷却します。

 

患部のまわりを冷やす目的

冷却の事をアイシングとも言います。アイシングとは患部を氷や水などを用いて冷やすことで、負傷や疾患へ行うべき4つの応急処置の中の1つでもあります。アイシングの目的は大きく分けて2つあります。

 

目的1

目的の一つに疲労の除去があります。激しい運動をしたときは、筋肉をたくさん使っているので、筋肉自体の温度が高くなっていて、その上がりすぎた筋肉を適温までクールダウンする目的でアイシングが行われます。筋肉の温度を下げることによって冷やされて収縮した血管が反動で拡張し、乳酸などの疲労の原因になる物質を患部にためることなく、どんどん押し流してくれます。これによって疲労回復がスムーズになったり、筋肉痛が軽減されます。

 

目的2

もう一つの目的は炎症の抑制です。損傷した筋肉や靭帯、腱などの組織は、腫れることによって熱をもち、代謝が活発になっています。そのため血液やリンパの循環も活発になっているのですが、患部を冷やすことによって血管が圧縮され、冷却されている部分の周辺の血液量が減り、患部からの出血が減ります。

 

アイシングの方法

アイシングの方法は様々で、氷やコールドパック、冷湿布、冷却スプレーなどがあります。これらのような特別なものがなくても、流水にさらす方法もあります。これらのうち、患部を表面だけでなく深部までしっかりと冷却できるのが氷です。また、冷湿布は応急処置では使用しない方がいいという考えもあるようです。

 

足首を損傷する場面はやはりスポーツの場面で多くあります。関節の損傷は最初の処置が後の進行に影響することがありますので、万全の準備をしておきたいですね。

 

軽度の症状には安静がもっとも有効

足首の痛みに対して、まず行えることは安静にするということです。

安静にするだけじゃ治らないのでは、と思うかもしれませんが安静にするということは大きな意味を持っています。

 

●安静=自然治癒

どんな病気・怪我にも言えることですが無理をしていたのではいつまで経ってもすっきりとは治りません。

例えば風邪を例にあげると風邪だなとわかっていても会社・学校に行き続けるとすっきり治らないときがあります。

一方で、思い切って1日ゆっくり休むと風邪が治ったなんていう経験をお持ちの方も多いはずです。

人間には本来自然治癒力が備わっています。

安静にすることで痛む部分、体の中の悪くなっている部分に効果的に働きかけることが可能なので安静にすることが重要です。

 

●具体的にどうすればいいの?

安静とは言われても、どうすればいいのかわからないという方もいるかもしれません。

安静とは基本的には動かないことを指しています。

ただし足首の痛みがそこまでひどくないのであれば歩いたりすることはOKな場合がほとんどです。

病院で指示されない限り、安静とは激しい動きをしない・足に負担をかけないことだと考えてください。

足首捻挫やそこから起きる足首関節痛の場合は1-2週間は安静にしておいたほうが良いです。

女性であればヒールは避けて、足首を不安定にさせないでください。

 

足首の痛みに対して大事な処置のひとつが『安静にする』ということです。

ランニングや足に負担のかかる動きを避けてください。

 

捻挫や骨折の応急処置に!RICE処置法を御存じですか?

捻挫や骨折、脱臼や打撲、肉離れなどによって足首を痛めた場合、応急処置として「RICE処置」というものが有効であるのを知っているでしょうか。

 

RICE処置

R…Rest:安静

スポーツなどの身体活動をしているときに足首を痛めることがほとんどですので、その活動を中止し、患部を動かさないように安静にします。体は痛めた直後から、痛めた場所の修復作業がはじまります。そのため患部に負担をかけないようにして安静にします。逆に安静にせずに動かし続けると、体内の修復作業がスムーズに行われず、それによって損傷した部分の完治を遅らせたり、リハビリにかかる時間が長くなったりします。

 

I…Ice:冷却

いわゆるアイシングによって患部を冷やします。このとき患部だけではなく、広い範囲で冷却するとよいでしょう。冷やすことで感じる痛みを軽減させることができますし、冷えることによって患部の血管が収縮し腫れや炎症を抑制できます。また、血管や組織がダメージを受けたことによっておこる二次的な症状を抑えることも出来ます。

 

C…Compression:圧迫

やむを得ず足を使わなければならない場合は、包帯や三角巾、テープなどを使って足首が動かないように固定をします。場合によっては靴の上から固定をする場合もあります。また、適度に圧迫することによって腫れや炎症をコントロールすることもできます。

 

E…Elevation:上げる

患部を心臓よりも高い位置に上げることで、重力に従って血液が流れてくることを防止します。これによって余計に血液が患部に流れてくることがなくなり、過剰な痛みや腫れ、充血を防ぐことができます。

 

最初の処置がその後の進行を左右します。処置の目的は現状以上に悪化させず、痛みを軽減して、医師の手当てまでつなげることにあります。あくまでのつなぎとしての処置ですので、その後きちんとした医師の診察を受けるようにしましょう。

 

急な捻挫の応急処置として、RICE処置を正しくポイントとは?

足首などの関節を痛めた場合、RICE処置という方法を適切に行えると、損傷した患部のダメージを最小限に抑えることができます。RICEはRest(安静)、Ice(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(拳上)といった、応急処置に必要な4つの処置のことですが、これらをどれくらい正しく行えるかも、知識としては必要です。

 

RICE処置はいつ行うのか

足首などの関節を痛めたとき、また、腫れや炎症が見て取れるときに行います。あるいは慢性の足首痛などの症状があるときにも行えます。

 

Iceはどれくらい行うべきか

アイシングは原則的には72時間以上続けることが望ましいとされています。冷却方法としては、氷を使用することが患部の深部まで冷やせるので有効なのですが、ずっと氷を患部に当てていると凍傷を引き起こす可能性もあります。そのため、就寝時は冷湿布にするなどした方が良いでしょう。3日くらい冷やしたのちは、患部が回復に向かって動き出しますので、今度は温めて新陳代謝を促進します。しかし、このタイミングを間違えると逆効果になりますので、医師の指示の下行うとよいでしょう。

 

RICE処置はいつまで続けるのか

痛めた程度や、症状によっても異なりますが、15~20分くらいが処置継続時間の目安です。しかし、これで全て終わりということではなく、40~60分くらい時間をあけて再びRICE処置を行います。もちろんRICE処置の間にRest(安静)をしなくてよいというわけではありません。このサイクルを患部を痛めた後、1~3日程、症状を見ながら続けます。

 

ここまでの処置をして痛みや腫れが引かない場合は、何は他の原因を疑うということになります。

 

知っておきたい足首ねんざの応急処置

足首の捻挫がその後の足首関節痛につながることや変形性足関節症につながることは珍しくありません。

まず、足首捻挫にしっかりと対処することが求められるのです。

そこで、足首捻挫の応急処置を見ていきます。

 

●まずはどちらの捻挫かチェック

足首捻挫には内反捻挫と外反捻挫の2種類があります。

応急処置が極端に違うというわけではありませんが、痛い場所を知っておくためにもどちらの捻挫かチェックしてください。

内側にひねった場合は内反捻挫、外側にひねった場合は外反捻挫です。

内反捻挫だと外くるぶしの下が痛く、外反捻挫だと内くるぶしが痛むのが特徴です。

内反捻挫の方がその数は多いと言われています。

 

●捻挫の応急処置・RICE

RICEは英語で安静、冷却、圧迫、拳上の4つの頭文字をとった応急処置の基本です。

RICEのR・安静ではしっかり休みます。

足首に負担をかけないでください。

RICEのI・冷却は炎症に対して冷却を行うという意味です。

突き刺すような痛みがあったり、腫れがみられる場合は炎症が起きているので2日間は冷却します。

1時間冷やし、2時間休むといったかたちで氷で患部を冷却してください。

RICEのC・圧迫では足を固定します。

捻挫をすると足首が不安定なのでしっかり固定しましょう。

最後にRICEのE・拳上では炎症を起こしている場合、足を少し高めの位置に置きます。

 

足首の慢性的な関節痛の原因にもなる足首捻挫に対してはRICEという応急処置が有効です。

(photo by:http://pixabay.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-17掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

足首に関する記事

アキレス腱断裂の際のリハビリって?捻挫やアキレス腱炎などの症状別再発予防や回復法など

アキレス腱といえば、足のふくらはぎの部分からかかとにかけてある腱ですが、この...

歩ける=大丈夫!ではない足首痛の症状 変形性足関節症の症状や治療法とは?

  世の中には痛みに強い人、痛みに弱い人がいます。痛みに強い人や我慢してしまう...


捻挫や骨折後には要注意!変形性足関節症の原因から予防、後遺症まで

  変形性関節症は関節のある場所なら起きる可能性があります。 代表的なものに...

肥満を防いで足首痛も予防 原因症状別の予防法、防止法とは

  足首やひざの関節と深いかかわりがあるのが肥満です。 肥満体型の人が抱えや...

カラダノートひろば

足首の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る