カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. ドライアイ >
  5. コンタクトレンズの誤った使用方法で再生しない角膜内皮細胞を失う?!

気になる病気・症状

コンタクトレンズの誤った使用方法で再生しない角膜内皮細胞を失う?!

再生しない角膜内皮細胞を減少させる~水疱性角膜症について

水庖性角膜症という病気をご存知でしょうか?この病気は、黒目部分に存在する角膜が、(5層構造のうちの)一番内側にある「角膜内皮細胞」に機能障害が起こり、水分排出機能が障害されることで、角膜が浮腫状に厚くなって混濁し、視力が低下してしまうと言う病気です。

 

角膜の病気には、角膜上皮が剥がれる「角膜びらん」などの病気もありますが、上皮は再生が出来るので一度損傷を起こしても自然治癒を待つと言う方法があります。

 

しかしこの水庖性角膜症の原因である角膜内皮細胞は、生まれたときから細胞数が決まっており、また再生能力が無いので、一度損傷を受けると根本的に治療しようと思ったら、現在では移植手術しか手段がありません。

 

内皮細胞が損傷・減少する原因は主に加齢やコンタクトレンズの長時間使用によるものであるとされています。コンタクトレンズによる損傷は、その使用方法を改善すれば確実に予防することができます(加齢によるものを除く)そのため今からその使用方法を見直すことが重要であるように思います。

 

角膜内皮細胞とはどんなもの?

まず角膜とは、眼球の黒目のところにある直径約12mm、中央の厚さ約0.5mmの透明な膜のことで5層に分かれており、表面から角膜上皮、ボーマン層、角膜実質、デスメ膜、角膜内皮と成り立っています。

 

最も内側にある角膜内皮は、一層の細胞から成っており、その働きは角膜から水分を排泄して水分量を一定に保ち、角膜の厚みや透明性が維持するという機能があります。

 

角膜内皮細胞の数は、新生児において3000個/mm2(1平方ミリメートルあたり3000個)程度ですが、成人になると2000個/mm2程度と徐々に減少していきます。

 

また強い障害が角膜に起こるなどした場合には、500個/mm2以下になることもあります。この場合、角膜内皮細胞数が少なすぎて角膜の透明性を維持できなくなります。

 

水疱性角膜症の発症の成り立ち

水疱性角膜症が発症するのは、角膜内皮細胞の減少がある一定数を超えることによって、房水(眼球内の血管のない部分に栄養を与える水分)が一気に角膜内に浸入してくることによるものです。

 

角膜内の水分量が多くなると、角膜がふやけて白濁し、外部からの光が上手く網膜まで届かなくなって、像がぼやけ視力が低下した状態になります。類似した病気に白内障がありますが、白内障は水晶体が濁ることにより視力が低下するというものです。

 

この病気であると診断されるには、顕微鏡検査で角膜が浮腫状に混濁しているかを見ます。角膜の厚みが増していたり、角膜内皮細胞の密度が低下している(500個/mm2以下など)などの徴候が見られれば、水庖性角膜症であると診断されます。

 

治療法について 

上記でも述べましたが、角膜内皮細胞は増殖能力が無いため、一度減少すると元に戻ると言うことはありません。一時的な措置として(軽度の場合や角膜上皮に剥がれが見られる場合)、

 

1)ソフトコンタクトレンズの装用

2)高張食塩水の点眼(浸透圧の作用で一時的に水分が排出される)

3)軟膏

 

などの治療方法が行われますが、症状が重度で痛みが軽減しない場合は、根本的な治療方法である「角膜移植」が行われます。

 

この手術の種類には、

 

1)全層角膜移植

2)角膜内皮移植(角膜パーツ移植)

 

があります。

 

2)の角膜内皮移植は新しい手術法で、適用できる症例が限られているため全ての方が受けられる治療法ではないようです。これらの手術のメリット・デメリットは以下の通りです。

 

<手術法のメリット・デメリット>

1)全層角膜移植

メリット:視力の向上が良好で早い、角膜の接着が良好である。

 

デメリット:手術中に重篤な合併症が起こる可能性がある、縫合糸が原因による術後の乱視や感染が発症する可能性がある。

 

2)角膜内皮移植…障害部位のみを移植する方法

メリット:手術中の重篤な合併症が少ない、角膜の接着には縫合糸は使用されないため、術後に乱視などの視力変化が少なく、糸による感染症の心配も無い。

 

デメリット:移植片の接着不良の可能性がある(空気の浮力で移植片の接着を図るため)。手術後に仰向けになっている必要があるなどの体位制限がある。術後に急激な眼圧上昇の可能性がある。

 

また、ドナーから提供された角膜を移植する手術ですので、拒絶反応が起こる可能性があります。拒絶反応は、10%~30%くらいの確率であるとされています。

 

症状としては角膜の透明性の低下とともに、急な視力低下を生じます。しかし、拒絶反応が起こっても、ステロイド薬による適切な治療を迅速に行うと、拒絶反応を治すことが可能です。

 

角膜に関する病気は、加齢によるものを除くと、多くがコンタクトレンズの長時間装用や酸素透過性が低下したものを使用し続けることが原因のため、人為的な原因であるとされています。

 

長時間装用の人の数に関するデータは発見できませんでしたが、学生や働く世代の方たちの間では、日々のオーバーワークによって長時間装用が日常的なことになっているように思います。

 

若年の間には大きな変化は見られず、特に心配する必要が無いものとして軽視されますが、病気が発症するような歳になってから対策を行っても遅く、非常にリスクのある移植手術を行わなければならない可能性もあります。

 

この水疱性角膜症に関しては、今からソフトコンタクトの使用時間を守ること、角膜にダメージの少ないハードコンタクトに換えることなどの対策によって十分予防することができます。

 

将来困ることが無いように、今が対策の始め時ではないでしょうか?

(photo by://pixabay.com/)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ドライアイに関する記事

目がかゆい!目の乾燥と深く関わる疾患は?!

  エアコンのつけっぱなしや、パソコンや携帯の長時間使用でまばたきの回数が...

ドライアイ以外にもあった!目の渇きから考えられる病気

  目の渇きから考えられる病気といえばやはりドライアイが一番最初に思いつく方が...


コンタクトによるかゆみ目を防ぐ、目薬の種類と成分

  日本眼科医会ではコンタクトのケアによる弊害が危惧されています。 ここ...

どこでも出来る!目の渇きに効くツボでドライアイを緩和!

人間の体の不調を緩和する方法のひとつが「ツボ押し」です。東洋医学の考え方から来...

カラダノートひろば

ドライアイの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る