カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 脳・神経 >
  4. 三叉神経痛 >
  5. 動脈による神経圧迫が原因で起こる「舌咽神経痛」について

気になる病気・症状

動脈による神経圧迫が原因で起こる「舌咽神経痛」について

 

動脈による神経圧迫が原因で起こる「舌咽神経痛」

 

舌咽神経痛という病気をご存知でしょうか?この病気は脳神経である「舌咽神経」が動脈に圧迫されることによって痛みを生じる病気です。この他の原因として1割に脳腫瘍が出来ることで舌咽神経痛が起こることがあるようですが、多くは前者によるものであるようです。この病気の症状としては、ものを飲み込んだり、あくびや発声をした際に、「舌の奥」や「喉の粘膜」や「鼓膜」などに瞬間的な激痛が走り酷くなると食事や会話さえも痛みで行うことが困難になります。

 

このような状態になる前に、何らかの措置を摂る必要がありますが、最初に行われる治療方法は「テグレトール」という内服薬による痛みの抑制です。しかし痛みの度合いが酷くなると薬が効かなくなり、外科治療である「血管神経減圧術」が適応になります。この手術は開頭手術であり、稀に行われる治療法のため(舌咽神経痛の場合)予後などの情報が不足していると感じました。以下では、この病気と減圧術に関してご説明していきたいと思います。

 

舌咽神経とはどの位置に存在するか?

 

舌咽神経とは、脳神経系の第9神経にあたるもので、上記でも述べましたが主に喉や舌の後ろ3分の1から耳にかけての感覚を担っています。具体的な神経の経路としては、脳幹という、脳の中心部から周囲の脳槽という部位を通過し、頚静脈孔という頭蓋骨に開いた500円玉大ほどの穴を通り、頭蓋外に出て、「舌枝」と「咽頭枝」という2枝に分かれています。

 

舌枝は舌の後部に分布され、咽頭枝は鼻の奥から食道までのエリアである咽頭壁に分布しています。痛みが起こっているのは、脳槽から出たところにある神経で、この脳幹を出た直後の神経と言うのは、髄鞘という神経のカバーのようなものを纏っておらず丸裸状態であるため、周囲の血管によって圧迫が起こると、歪みが生じて異常興奮を起こしてしまうそうです。

 

 

舌咽神経の血管減圧手術について

 

 

舌咽神経痛の治療には、「微小血管神経減圧術」という手術法を用います。この手術法は、顔面痙攣や三叉神経痛と同じ治療法ですが、神経を圧迫している血管を見つけて神経から剥がし、場所を移動させて圧迫を解除させ、痛みの原因を取ります。 根本的な治療になるので、効果としては非常に有効であるとされています。

 

実際の手術では、 MRI検査で舌咽神経を圧迫している動脈を正確に捉え、その後手術を始めます。この原因動脈の多くは、「後下小脳動脈」という動脈による圧迫が原因であることが多いようです。


<手術の順序>
1)まず耳の後方に約6cmの皮膚切開を加え、後頭骨に約3cmの小孔をあけ、後頭蓋窩という小脳があるスペースに入ります。


2)小脳を傷つけないように避けながら脳槽に入り、そこを走る脳神経を確認し、周囲の血管と神経の関係を観察した後、舌咽神経を圧迫している血管を周囲組織から丁寧に剥がし血管が神経に当たらないように、場所を移動させます。テフロンという素材を使い細い紐のような物を作り、血管を巻いてテフロンを他の部分に付ける(フィブリンのりという特殊なのりを使ってのり付けしてきます)という方法を行います。
血管の減圧処置が終了したら、皮膚の切開部分を丁寧に縫合し、手術を終了します。

 

最後に

 

上記でも述べましたが、この手術は開頭手術であるため、手術を受けることをためらわれる方も多いと思います。ある大学病院においては、舌咽神経痛の手術を過去に13例行われた実績があると書かれておられましたが、三叉神経痛と比べると非常に症例が少なく手術を受けると決断するにはあまりに情報が不足していると感じました。飲み込み時毎に痛みが生じるというのは、非常に大きなストレスになり日常生活に支障を来たします。症例数が少ない中でも受けるかどうかはいずれにしても医師とよく話し合いを行うことが重要だと思います。
 

 

(photo by://pixabay.com/ja/%E5%A4%A7%E4%BA%BA-%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF-%E6%A5%BD%E3%81%97%E3%82%80-%E9%A1%94-%E5%A5%B3%E6%80%A7-%E6%96%B0%E9%AE%AE%E3%81%AA-%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%B9-%E5%81%A5%E5%BA%B7-%E5%88%86%E9%9B%A2-18750/)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

三叉神経痛に関する記事

三叉神経痛に効くツボとは

ツボは東洋医学の治療法のひとつです。   ツボをマッサージ師に押してもらうこと...

2種類の三叉神経痛の痛みの違い

  ラムゼイハント症候群は原因となるウイルスが顔面神経に感染することによって顔...


三叉神経が関係している顔面痛…三叉神経痛の治療法とは?

  まずはじめに、三叉神経痛とは顔に激しい痛みの発作が突発的に生じる病気で...

三叉神経痛のメカニズムと対処法

  三叉神経痛は顔面の三叉神経が痛む病気です。 主な症状は顔の痛みで、数秒か...

カラダノートひろば

三叉神経痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る