カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯磨き >
  5. 歯周病は全身性疾患の原因だった?~歯周病菌がまき散らす内毒素

気になる病気・症状

歯周病は全身性疾患の原因だった?~歯周病菌がまき散らす内毒素

歯周病菌がまき散らす内毒素(エンドトキシン)の恐さとは?

皆さんは、歯周病という病気についてご存知でしょうか?

歯周病と聞くと、ずいぶん年配の方がなる病気というイメージがあると答える方が多いようで、若い方はこの病気の予防にあまり関心を持っていないのが現状のようです。

しかし、ある調査では、歯周病を患っている人の割合は、25歳~34歳で75%、35歳~64歳で80%というデータもあります。

 

歯周病は、歯の周りや隙間に細菌が付着することによって、免疫機能が過剰に働き、骨を破壊する「破骨細胞」が歯槽骨(しそうこつ:歯茎の内部で歯根を支えている顎の骨)を破壊して骨の体内吸収が起こり、全体的な歯槽骨の減少と歯茎の垂れ下がりが起こる症状のことを言います。

歯周病は一旦進行すると自然治癒することはなく、治療するには歯槽骨の再生治療を行うなど大掛かりな治療法が必要になってきます。

 

また、歯周病の原因であるミュータンス菌の細胞膜に含まれる内毒素(エンドトキシン)が体内の血流を流れることで、全身に様々な疾患を生じることが分かっています。

(心臓血管疾患、脳梗塞、糖尿病、呼吸器疾患、低体重児出産など)

 

ここでは、歯周病に関する正しい知識と、自分で出来るプラークコントロールの方法などをご紹介していきたいと思います。

 

細菌がカルシウムを取り込んで出来る「歯石」は、2週間で出来上がる

歯医者に行くと良く聞く「プラーク」ですが、これは見た目は白く柔らかい食べカスのように見えますが、75%が細菌細胞であると言われています。

 

プラーク1gにつき、1000億~2000億個という途方もない数の細菌が存在していると言われています。

このプラークが凝集して作られるネバネバした粘液が「バイオフィルム」と呼ばれるもので、1日に2~3回適切な歯磨きが行われないとこの構造が強固になり、やがて抗生物質などに対して500倍の抵抗力を持つ細菌へと変化し、徐々に歯石になっていきます。

 

歯石は上記でも触れましたが、プラークがカルシウムを取り込んで石灰化したもので、顕微鏡で見ると軽石のような穴の開いた構造をしています。

この穴に細菌が住み着き、プラークが増加してしまうという問題があります。この歯石はプラークと異なり、歯磨きで取り除くことができないので、歯科医院で専用の器具を使って取り除いてもらう必要があります。

しかし一旦取り除いても、上手く歯磨きが出来ていないと、2週間以内に再び歯石は形成されるとされています。

 

歯周病の4つの進行の度合いについて

歯周病が進行すると、歯を支えている骨の歯槽骨が溶け出して体内へ再吸収され、それに準じて歯肉が垂れ下がり、重症では抜歯の可能性も高くなります。

歯周病の進行度合いは歯周ポケットによって測られます。

正常な状態では、歯周溝は約1~3mmとされています。以下は進度に応じた4段階のものです。

 

ステージ1)歯肉炎:

歯周ポケット(歯と歯周の境の溝)2〜6mm、歯槽骨は破壊されてなく、歯肉のみの炎症。

<症状>歯肉溝にプラークが溜まって、歯肉に炎症を生じ腫れが見られ、歯周ポケットが出る。

<対処法>歯肉に腫れが見られることから、歯ブラシで擦ると出血して痛みが生じる場合がありますが、磨かなければ歯周病が進行します。

柔らかい歯ブラシを使うことが勧められています。歯石を除去することで、元の歯茎に戻ることが可能です。

                   ↓

ステージ2)軽度の歯周病:

歯周ポケット(歯と歯周の境の溝3〜5mm、歯槽骨の体内吸収は歯根の長さの1/3以下に生じている。

<症状>歯肉の炎症が進行して、歯肉線維が減少していき、歯肉・歯根間の結合が破壊される。歯槽骨の再吸収が起こる。

<対処法>歯槽骨の吸収が生じると、歯肉炎と異なり元の状態には戻りません。この段階で歯ブラシによるケアをしっかり行い、歯肉の下にある歯石を除去すれば大きく進行することはありません。

                        ↓

ステージ3)中度の歯周病:

歯周ポケット(歯と歯周の境の溝)4〜7mm、歯槽骨の体内吸収は歯根の長さの1/3〜1/2へと悪化している。

<症状>炎症が進んで、歯周ポケットが深くなる、歯槽骨の体内吸収は歯根の半分近くまで起こっている、歯肉が減り歯が長く見える、歯のぐらつきが生じる、膿が出る。

<対処法>噛み合わせのバランスが崩れるので、噛み合わせの改善が必要。歯周病の専門的な治療が必要。

                 ↓

ステージ4)重度の歯周病 :

歯周ポケット(歯と歯周の境の溝)6mm以上、歯槽骨の体内吸収は歯根の長さの1/2以上と非常に悪化。

<症状>歯槽骨の吸収が歯根の半分以上にまで進み、抜歯する可能性がある。

<対処法>抜歯が生じたら、ブリッジ、入れ歯、インプラントのいずれかの治療を行う。歯周病の専門的な治療が必要。

 

持病のある方や抵抗力の弱い高齢者の方は、歯周病による全身性疾患に注意!

歯周病菌やその細胞膜に含まれる内毒素(エンドトキシン)は、腫れた歯肉から容易に血管内に侵入し、全身に回って様々な症状を引き起こします。(菌血症)

健康な人では、免疫細胞が細菌を排除し重大な病気には至らないとされていますが、何らかの疾患を持たれていたり、抵抗力の弱い高齢者の方は、細菌を十分に排除できずに臓器などに定着してしまう恐れがあります。

以下は歯周病菌によって起こるとされている全身疾患の例です。

 

<歯周病菌が原因の全身性疾患の例と、発生の成り立ち>

◆狭心症・心筋梗塞:歯周病原因菌の刺激⇒動脈硬化を誘導する物質が発生⇒血管内にアテローム(粥状物質)が発生⇒アテロームが剥がれて血栓が出来詰まりを起こす。

 

◆脳梗塞:上記と同様に、アテロームにより詰まりが生じる。未罹患者に比べ、歯周病の人2.8倍の確率で脳梗塞になる。

 

◆糖尿病:歯周病菌の死骸(細胞膜)から生じる内毒素が血液に入る⇒脂肪組織や肝臓でのTNF-α(サイトカイン)の産生を促進⇒TNF-αがインスリン抵抗性を高めてしまう。

※歯周病を合併した糖尿病患者の方に、抗菌薬を投与したところ、HbA1c値も改善したという結果が出ている。

 

◆低体重児早産:歯周病細菌が血中に入って、胎盤を通して胎児に感染を起こすことで生じるとされている。発症率は通常の7倍と言われている。

 

◆誤嚥性肺炎:食べ物と一緒に歯周病菌を飲み込み、その際むせるなどの動作で細菌が気管から肺へ入る可能性がある。

 

歯周病を防ぐための具体策は?

自分で出来る歯周病対策としては、やはり基本として歯磨きですが、この方法にも様々な補助的な方法があります。

以下の6種類の方法を上手く組み合わせることで、歯周病の発生をかなり軽減できることが分かっています。

但し、歯石なったものに関しては歯ブラシで取ることは無理ですので、虫歯治療のときだけではなく定期的に歯科医院に検診に行く事は大事です。

 

<歯のケア方法6種類>

1) 歯ブラシによる歯磨き

2) デンタルフロスや糸ようじ

3) 歯間ブラシによる歯磨き

4) 洗口液などによる、ぶくぶくうがい

5) 砂糖摂取の制限

6) 歯科医院で行うPMTC(機械的歯面清掃)

 

<具体的なケア方法>

◇歯ブラシの選び方と磨き方…理想的な歯ブラシは3×7列のそれほど緊密でないもの、また柄はまっすぐで毛は固めのものを選ぶと良い。歯間に押し込んで、微動に振動させるとプラークを落としやすい。

 

◇歯磨きの時間と回数…1回の時間は最低3分は必要である。多い回数よりも1回の歯磨きを丁寧にすることを心がける。また歯磨き粉をあまり付けずに磨くと磨き残しの箇所が良く分かる。

 

◇歯間のプラークの落とし方…デンタルフロス、歯間ブラシを使用する。歯の間のプラークは歯ブラシのみでは60%、デンタルフロスや歯間ブラシを使用すると80~90%除去できるとされている。

 

◇食事方法…硬く噛む回数を要するものを食べる。また食物繊維が多いもの。逆にう蝕が起こりやすい糖分を多量に含んだもの、柔らかすぎるものは控える。

(噛み応えのある食品…セロリ、にんじん、たくあん、さきイカ、もも肉など。食物繊維が多い食品…野菜、きのこなど。)

 

最後に

歯周病のリスクのある方として、今まで虫歯治療なども殆ど行ったことが無く、歯科医院自体行かない方に多いことが挙げられていました。

定期的な歯の検診に行かないと、歯石が溜まるだけでなく、磨かなければいけないと言う自覚がないので磨きのこしがかなり見られ、知らない間に病気が進行している例があるそうです。

 

歯を支える歯槽骨が減ると、再生手術を受けるより方法がなくなってしまいます。

上記のように全身性の疾患にも繋がると言う意識を持って毎日のケアで予防できることは行うべきではないだろうかと思いました。

(Photo by://pixabay.com/

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯磨きに関する記事

口内炎に潜んだ怖い病気

    通常の口内炎であれば3・4日くらいで治まり、長くても1週...

歯磨きで吐き気がする?3つの原因と対策法

 歯磨きをすると吐き気がするのであまり歯磨きは好きではない方もいるようです。歯...


歯医者に長年行ってない方要注意!見逃さないでほしい歯周病初期症状

  歯周病は初期にはほとんど症状が出ない病気としても知られています。症状が出て...

歯周病菌と日常生活から考える歯周病の原因

  日本人の80%以上に罹患の可能性がある病気が歯周病です。歯周病という名前は...

カラダノートひろば

歯磨きの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る