カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 腰痛 >
  5. 骨盤矯正で生理中の腰痛を予防

妊娠・出産

骨盤矯正で生理中の腰痛を予防

 

骨盤のゆがみ、骨盤矯正という言葉は最近よく聞く言葉の一つではないでしょうか。

骨盤がゆがんでいることによって体のさまざまな部位に影響が出るという説があります。

生理痛の腰痛も骨盤のゆがみの可能性があるのです。

 

●骨盤がゆがむとどうして腰痛になるの?

骨盤は下半身と上半身の境目にあります。

そしてポイントとしては骨盤の上に子宮や卵巣などがあるということです。

骨盤がゆがむと子宮や卵巣を支える筋肉が緊張します。

筋肉が緊張すると本来であれば必要のない圧迫が生じて生理痛、腰痛、腹痛などが起きるのです。

また、骨盤のゆがみから起きる組織の圧迫は自律神経系にも影響し、不眠などを引き起こす可能性もあります。

 

●骨盤のゆがみがあるかどうか確かめたい!

骨盤は目には見えないのでゆがんでいるかどうかは目では確認できません。

ですが、別の方法で骨盤のゆがみは確認できます。

まず、地面に十字のテープを張って十字の横のラインに沿うように足裏の中心部を乗せます。

そこで目をつぶって30秒間その場で足踏みして目を開けてください。

右側にずれていたら右に骨盤が、左側にずれていたら左に骨盤がずれています。

また、壁に背を付けて真っ直ぐ足を伸ばした時に両足の長さが違う人も骨盤にずれがあります。

 

●骨盤矯正をしたい!

骨盤矯正はエステなどでも行ってくれますが、もっと手軽にやりたいと思う場合は自宅で骨盤矯正運動をするのも良いでしょう。

骨盤矯正の方法を1つ紹介します。

まずは背と足が直角になるように座ります。

座って足を伸ばした状態です。

そこからお尻で移動します。

体を大きくねじりながらお尻の右と左を使って前へ前へと移動します。

この時、膝が曲がらないように注意してください。

10秒×3セットが1日の運動量目安です。

 

骨盤のゆがみは子宮などの組織の場所を不自然に移動させてしまうため生理痛の腰痛を引き起こす原因にもなります。

骨盤のゆがみを確かめて、ゆがんでいれば矯正しましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/08/19-367267.php

])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腰痛に関する記事

生理中の腰痛の原因は?

  生理中の腰痛の原因は?     生理中の腰痛に悩まされている女性...

生理はいつも腰痛との戦い!なんで痛くなるのでしょうか

    生理の時は腰が重くダルくなる、痛みを感じる時もある。そういった悩みを持...


こんなに違う!食べ物の種類・温度で脱「冷え」体質

 腰の痛みの原因には「冷え」が大きく関係していると言われています。 それで...

生理中の腰痛を軽減させるには

生理中の腰痛はつらいものです。多くの女性がこの腰痛に悩まされていることでしょ...

カラダノートひろば

腰痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る