カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 接し方 >
  5. 夫への接し方 >
  6. うつ病~大事なのは服薬を自己中断しないこと~

メンタル

うつ病~大事なのは服薬を自己中断しないこと~

   

うつ病にとって大事なのは服薬治療です。


うつ病に効く薬は実に沢山の種類があります。

その方に薬が合う・合わないというのがもちろんありますので、医師に良く相談しながら服薬調整をしてもらう必要があります。

 

うつ病が発症してすぐの急性期は、自分も凄く辛い時期なので、比較的服薬は継続されます。

効果が出る前に副作用が辛くて服薬を止めようとする場合もありますが、そういう時は、家族が根気強く服薬を勧めてあげることが大事です。

 

また、症状が徐々によくなって来た時も服薬を中断しようとします

これは辛かった症状がほとんど取れてきたときに見られがちです。うつ病の薬は大半が脳内ホルモンに関係するものです。

ですから、途中で急に中断してしまうとよくありません。急にうつ症状がぶり返し、衝動行為(自殺など)に及んだりします。

 

例えば、風邪をひいて薬を飲んでいても、治れば薬は飲みません。

症状が治まれば、服薬を中止しても構わない薬と、血圧や喘息や心臓の薬のように、症状がほとんどなくても飲まなければいけない薬があります。

 

うつ病の場合はどちらかと言えば後者に当たります。

無論、症状が落ち着けば軽いものに変わりますし、しっかりと治れば、服薬を終える場合もあります。

ですが、あくまでも自己判断は厳禁です。自覚症状と他覚症状が異なるものがうつ病だからです。

 

診察の際、もし患者が服薬を自己中断していれば、血液検査でわかります。ですが、血液検査もそんなにしょっちゅう行うものではありません。

特に慢性期で症状が安定している時ほど検査の間隔が開きますので、その間に服薬を勝手に止め、「あれ?○○さん、今週来てないね?」などと言っていると、突然自殺したと電話が入ることもあります。

 

そんなことにならないように、ご家族は何気なく、ご本人がきちんと服薬をされているかを見守っていて下さい

服薬を無断で中断している場合は、早めに電話でかかりつけ医に教えてもらえると有難いです。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/01/10-374937.php?category=290 )

 

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

夫への接し方に関する記事

うつ病で受診するとき、家族も同伴した方がいいのは何故か?

     うつ病になる方は、病前性格として真面目で几帳面、社会や人間関係を重ん...

過保護がうつ病を長引かせることもある!?

うつ病の患者を持つ家族が注意しなくてはいけないことの一つに「過保護」がありま...


「つらい時は休んで」うつ病の理解~心を休養させるための後押し~

   うつ病になる方の病前性格として真面目で几帳面、社会や人間関係を重んじ、自...

うつ病はとても長引きやすい病気!家族の協力はとても重要?

  自分の夫がうつ病になった、または大切な家族がうつ病になった……それは本人も...

カラダノートひろば

夫への接し方の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る