カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 原因 >
  5. ペットロス >
  6. 子どものうつ~ペットロスと子供のトラウマ~

メンタル

子どものうつ~ペットロスと子供のトラウマ~

    
本来トラウマとは、PTSD(心的外傷後ストレス症候群)のような、耐えられない苦痛や死を実感するような恐怖体験をした後の心の傷を示します。

 

語源は、「傷」を意味するギリシャ語を、心理学者のフロイトが「精神的外傷」を意味する用語として「trauma(トラウマ)」を用いたことから現在のような意味として使われるようになりました。

 

これがペットロスとどういう関係があるのかというと、実は核家族がすすんでいる昨今、子供にとってペットは兄弟同様の、ともすればそれ以上の愛情の対象とされているケースが多く、ペットロス後PTSDもしくはうつ状態に似た症状を示す子が多いということです

 

大人、もしくは高齢者が、ペットロス後にうつ症状を訴える事は広く知られていますが、ペットロスが子供にもたらす心的ストレスもかなりのものがあるようです。


ペットロス後の大人の関わり方が、その後の子供の心理状態に大きく影響するという説もありますが、やはり対応を間違えると後々問題になるようです。

 

まず、ペットが死んだことをはっきり認識してもらうために、愛するペットの供養をすること(葬儀や供養など)、また一緒にいっぱい泣いてあげること、思い出の品を整理をしながら、子供とたくさん思い出話をして関わってあげることが必要だとされています。
「○○は天国へ行ったんだから、泣いたら悲しむよ」とか、「いつまでメソメソしてるんだ!」と感情任せに叱ったりするのは逆効果です。

 

そして可能ならば、その悲しみが癒えた頃、子供の意思を確認しながら新しいペットを迎えるというのも一つの手段です。


大切な家族の一員であるペットを失うのですから、大人も辛いと思います。

しかし、感受性の高い子供たちはもっと悲しいということを、心に留めて置いていただければと思います。

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/07/02-348231.php)

 

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ペットロスに関する記事

ペットを飼うなら知っておきたい、ペットロスにならないための対処法

      ペットを飼う時、いつかはお別れの時が来るのはわかっているけれど...

ペットロスからアルコール依存症に!?

     最近、高齢者のアルコール依存症が増えています。 特に目立つのが、配...


ペットロスが原因のうつ病、ビフォー・アフター

    筆者の知っている、ペットロスの苦しみからうつ病にいたり、回復されたケ...

ペットを亡くした悲しみは克服できる?

  ペットロスによるうつ病は、ペットを飼っている人であればだれでも起こる可...

カラダノートひろば

ペットロスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る