カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 治療方法 >
  5. ペット療法 >
  6. うつ病とペット療法 ~飼う時に注意すること~

メンタル

うつ病とペット療法 ~飼う時に注意すること~

    

うつ病の急性期では、酷い抑うつ状態があるため、ペットの世話はおろか自分の身の回りのことすらろくに出来ないという現状があります。

 

しかし、服薬や精神療法が効果を示し、うつ病が慢性期から脱する頃になると、既に仕事を引退された高齢者の方から、ペットに関する質問を受けることがあります。
「ペット療法というのがあるらしいのですが、病気に良いんでしょうか?」といった内容です。

 

ペットというのは、飼い主に対して無条件の愛情を示してくれることが多く、「自分は誰にも必要とされていない」という考えが根底にある方には、とても有効だと思います。

穢れの無い、無垢な瞳や愛情というものは、見ているだけ、触れているだけで自分も癒されるものです。

それは心的エネルギーが不足しているうつ病の患者には、必要なものといえるでしょう

 

ですが、ペットを実際に自宅で飼うということに関しては、注意しなくてはいけないことがいくつかあります。


それは、
① 以前、犬や猫などのペットを飼ったことがあり、飼い方にある程度慣れていること。(もしくは飼い方を教えてくれる人が近くにいること)
② ペットのアレルギーや、易感染症の病気に罹患していないこと。
③ もしうつ状態が再発したとき、自分以外にペットの面倒を見てくれる第三者がいること。(もしくは、面倒をみる手配をしてくれる人がいること)
④ ペットを飼う経済的な余裕がある程度あること。
⑤ ペットを選ぶ際に、すぐ死んだり病気になったりしない動物がきちんと選べること。


……などです。

 

うつ病のリハビリに良いからと安易にペットを飼いだすと、その飼育方法に神経質になり、うつ病が再発する原因になる場合があります。神経質になりすぎず、責任感を感じすぎず、寛容な気持ちでペットを飼えることが大切です。

 

また、自分の体調が悪く、ペットの面倒が見れなくなると、逆に自責の念に捕らわれて症状が悪化してしまいかねません。

もしもの場合に安心して任せられる人や場所があることが望ましいといえます。


そして万が一、せっかく飼ったペットが死んでしまったりしたら、それはリハビリ以前の問題です。本末転倒といえます。

 

実際にペット飼った方からは、飼ってよかった、生きがいが見つかった、散歩が出来て体のリハビリも出来る……と、良い意見もたくさん聞かれます。

あまり警戒心を持ちすぎると良くないとは思いますが、治療する側としてはどうしても慎重になってしまいます。

飼う際は安易に飼うのではなく、よく考えてから実行に移すことをお勧めします。


 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/04/27-361303.php )

 

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ペット療法に関する記事

リハビリとしてのアニマルセラピー 動物の癒しの力

    アニマルセラピーは、様々な疾患や事故の後遺症などにおいて、動物との交流...

うつ病にどうしてペットが良いと言われるのか

         うつ病のおもな原因は、脳内の神経伝達物質の動きが鈍化すること...


実際に飼ってみて効果があるのかどうか?

      ペットを飼ってうつ病を克服できるのであれば飼いたいという人...

最も古い歴史を持つアニマルセラピーは乗馬だった?!

    欧米で普及し始めたアニマルセラピーは、乗馬療法が最も長い歴史を持...

カラダノートひろば

ペット療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る