カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 鼻炎 >
  5. 試す価値あり!鼻炎に効く漢方薬

気になる病気・症状

試す価値あり!鼻炎に効く漢方薬

 

東洋医学の視点から鼻炎を見てみます。

ここでは風邪などの一時的な鼻炎ではなく慢性鼻炎、アレルギー性鼻炎を対象とします。

 

●アレルギー性鼻炎と漢方

アレルギー性鼻炎にかかりやすい人は東洋医学的な視点で見てみると体の防衛力が弱い、水分代謝がうまくいかないと言われています。アレルギー以外にも疲れやすい、むくみやすいなどの特徴があります。 

そんなアレルギー性鼻炎に対する漢方では小青竜湯があります。小青竜湯は水分代謝能力をアップさせるのに使える漢方です。同時にアレルゲンの除去も行えるという特徴があります。 

 

●鼻づまりの鼻炎と漢方

鼻づまりする人は東洋医学的に言うと血行が詰まりやすい人です。鼻水よりも鼻づまりが気になる、くしゃみはすでに止まっているのに鼻づまりが残っていて不快感が大きいというタイプは血行が詰まりやすいがゆえに起きている鼻づまりの可能性が高いです。

鼻づまりの漢方としてよく用いられるのは葛根湯加せんきゅう辛夷という薬です。血行を良くすることで鼻づまりを治し、鼻の通りをよくします。  

 

●慢性鼻炎と漢方

アレルギー性鼻炎だけではなく慢性鼻炎が起きているときには、熱によって鼻炎が起きていると考えられます。慢性鼻炎の他に目のかゆみや口が渇くなどの症状が見られれば熱の鼻炎の可能性が高いです。 

熱の鼻炎に用いられる漢方薬は辛夷清肺湯です。

 

東洋医学から鼻炎を見てみるとアレルギー性鼻炎、鼻づまりを中心とした症状が出る鼻炎、それ以外の慢性鼻炎に分けられます。

それぞれ原因は水分代謝、血行滞留、熱などがあり、適切な漢方で治療します。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/05/22-362210.php])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

鼻炎に関する記事

知ってましたか?アレルギー性鼻炎の診断方法のこと

  なんだか鼻水が止まらない、ムズムズする。耳鼻科に行ったら、アレルギー性...

鼻炎のレーザー治療って?副作用はあるの?

  アレルギー性鼻炎の治療法の一つがレーザー治療です。 レーザー治療と聞くと...


鼻炎?花粉症?あやふや知識を解決しよう!

春が近付くと出現する花粉症。 花粉症とは?鼻炎との関係は? ここで鼻炎と花粉...

通年性アレルギー性鼻炎の原因って?どうしたら予防できる?

なんだか鼻水が止まらない。 花粉の時期じゃないのに…。 もしかしたら通年...

カラダノートひろば

鼻炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る