カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 知覚過敏は肌にも起こる?知覚過敏肌とは

美容・ダイエット

知覚過敏は肌にも起こる?知覚過敏肌とは

知覚過敏という言葉は、何か冷たいものを食べたときに歯がしみるという症状で知っている人も多いと思います。知覚過敏肌とは、それとほぼ同じ意味を有している言葉で、「痛い」「熱い」などの外からの刺激を過剰に感じ取ってしまう肌のことを指します。

 

原因から考える

知覚過敏肌には、皮膚がかさつく、肌の内部に炎症が起きて赤くなる、見た目が健康肌に見えても微弱炎症が起きていて刺激を感じるといった症状があります。

 

これらの症状を引き起こしている原因は、肌にある神経線維だと考えられています。この神経線維は本来肌の深部に存在するものなのですが、それが角質層の近くまで伸びてしまうと知覚過敏肌となり得るのです。

 

神経線維が伸びる原因

神経線維は外的な感覚に反応したり、運動に関係する神経細胞から延びる突起です。これによって様々な刺激の伝達が行われます。

 

刺激を伝える神経線維が過剰に伸びてしまうことで、刺激を多く受容してしまうというのは納得できるかもしれません。では、日常生活の何によって神経線維が伸びてしまうのでしょうか。

 

神経線維に影響を与える外的刺激・内的刺激はストレス、体調不良、乾燥などが考えられます。これらによって刺激を受けることによって、表皮にあるケラチノサイトという細胞が神経の成長因子を多く出すようになり、神経線維が伸びるとされています。

 

 

伸びた神経線維は保湿などを行って、肌に水分を保持することで正常に戻るともされています。ストレスなどで神経細胞に負荷をかけすぎないとともに、適切な肌の手入れをすることが大切です。 

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

美肌・スキンケアに関する記事

なんでもない皮膚がかゆい・・・皮膚掻痒症かもしれません

  皮膚に発疹ができているわけでもないのに、かゆみだけが起こる症状は、冬場...

肌の調子と女性ホルモンの密接な関係

  肌と女性ホルモンの関係     肌と女性ホルモンは密接に関係して...


お肌のトラブルを足つぼで解消してみませんか?

お肌トラブル発生!! 足つぼマッサージで内側からケア  紫外線が強いこの季節...

ストップ乾燥!ツボ押しで改善!?

紫外線や年齢を重ねるごとに気になってくるのが、お肌の乾燥です。 乾燥すると...

カラダノートひろば

美肌・スキンケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る