カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 過敏肌 >
  5. 肌が赤くなるのはこのせいだった?過敏肌に関係の深い免疫細胞、マスト細胞って?

美容・ダイエット

肌が赤くなるのはこのせいだった?過敏肌に関係の深い免疫細胞、マスト細胞って?

 

マスト細胞という言葉を知っている人は少ないかもしれません。肥満細胞や顆粒細胞とも呼ばれ、アレルギー症状に関する話で出てくる細胞です。 

 

 

マスト細胞

マスト細胞とは白血球などと同じ免疫細胞の一つです。白血球は血液を構成する要素の一つとして知られていますが、血管やリンパ管の中を通って、全身を循環しながら体の危機的場面に反応して免疫反応を起こし、体を守ろうとする仕組みです。それに対してマスト細胞は表皮のすぐ下の毛細血管のまわりやリンパ管の周りに存在し、危険を察知したら連絡をする、見張り番の役割をしています。つまり、マスト細胞は免疫反応(炎症反応)を起こすように合図を出す役割をしています。

 

マスト細胞にとっての危険とは?

肌から侵入する異物がマスト細胞にとって危険となります。それは汚れであったり、ウイルスであったり、化粧品の成分であったりもします。 

 

危険を察知すると?

これらの危険を察知すると、マスト細胞が合図を出します。すると毛細血管やリンパ管が拡張し、肌が赤みを帯びて見えるようになります。さらに危険の度合いが高まったと判断されると、拡張した血管から白血球などの成分を組織内に出し、危険のもとと戦い始めます。これが異物を無害化しようとする体の防衛機能なのですが、このときに起こるのが炎症です。つまり肌の炎症は体を守ろうとして起こっているのです。

 

異物が侵入しにくい肌を目指す

異物が侵入しにくい肌とは、肌細胞がしっかりと育った状態である肌です。逆に無理にターンオーバーを促進させたり、皮膚を無理にはがしたりしていると表皮に未熟な細胞が増えます。未熟な細胞の肌は隙間が多く、異物が侵入しやすくなってしまいます。また、しっかり育った肌でも乾燥などのダメージによって隙間ができる場合もあります。

 

 

マスト細胞の存在を知ることで、過敏肌について理解しやすくなるのではないでしょうか。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2010/10/29-037019.php?category=265])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

過敏肌に関する記事

知覚過敏は肌にも起こる?知覚過敏肌とは

知覚過敏という言葉は、何か冷たいものを食べたときに歯がしみるという症状で知って...

どこまで大丈夫?お肌と相談しながら、自分に合ったスキンケア選びを

  肌が過敏と言った場合、肌が刺激によって過剰に反応してしまうことを指します。...


原因は人それぞれ。過敏肌ケアの心構え

  乾燥やストレスによる刺激に過敏に反応してしまう肌である場合、その反応の程度...

腸内バランスを整えて、体の内側から過敏肌ケア!

  過敏肌の過敏とは何が過剰に敏感なのでしょうか?過敏肌は知覚過敏肌と言われる...

カラダノートひろば

過敏肌の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る