カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 鼻出血 >
  5. 安全な鼻血と危険な鼻出血の見分け方!

気になる病気・症状

安全な鼻血と危険な鼻出血の見分け方!

 

 

鼻出血とは鼻血のことで、大人になるまで鼻出血未体験という方は滅多にいないかもしれません。何かにぶつかったときに鼻血を出した、熱が出たときに鼻血を出したなどさまざまな経験があると思います。 

 

危険な鼻出血と安全な鼻出血

鼻出血は出血している時点で安全とは言えませんが、ここでは便宜的に背後に病気のない鼻出血を安全とします。背後に病気がない鼻出血といえば怪我による鼻出血、くしゃみなどをしたときに鼻が傷つけられて出る鼻出血などです。鼻出血の9割以上はこの『安全な鼻出血』です。 

 

残りの1割が背後に病気が隠れているタイプの鼻出血です悪性腫瘍や白血病、再生不良性貧血、頭部の異常による鼻出血などがあります。 

 

危険な鼻出血の見分け方

背後に病気が隠れている鼻出血のひとつめの特徴は特に何もなくても鼻出血するということです。爪で引っ掻いてしまった、転んで顔をぶつけたなどの鼻出血とは違って座っているだけだったのに鼻出血したとなると危険な鼻出血の可能性があります。 

 

そして、もう一つのポイントは鼻の奥の方からあふれ出るように出血することです。真っ直ぐ前を向いたときに鼻腔から一滴、二滴と垂れる鼻出血は安全な鼻出血です。 

 

鼻腔からダラダラと流れる、小鼻を抑えても止まらない鼻出血がある場合はすぐに病院へ向かってください。

また、鼻出血している時間も見てみましょう。10-15分経っても出血量が変わらずずっと大量に出血しているときは危険です。 

 

鼻出血の中には背後に大きな病気が隠れている鼻出血もあります。

危険な鼻出血を見分けるポイントは『安静な状態で鼻出血したかどうか』『小鼻を抑えても止まらないほどの大量出血かどうか』『10-15分経っても鼻出血が止まらないかどうか』です。

 

(Photo by: //pixabay.com)

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

鼻出血に関する記事

ストレス対策で鼻出血を予防する

  鼻出血の原因のひとつにストレスがあります。 ストレスと鼻出血がどんなふう...

鼻血がでたときの対処法~実は間違いだらけ!?~

   みなさんは鼻血が出た時、どのように対処していますか? 仰向けになったり...

カラダノートひろば

鼻出血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る