カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 治療方法 >
  5. 東洋医学 >
  6. 漢方 >
  7. 体質・症状にあわせて処方~うつ病と漢方治療~

メンタル

体質・症状にあわせて処方~うつ病と漢方治療~

          
うつ病の症状には、不安や抑うつ症状と言った精神的症状と、原因不明の痛みや拒食・食欲不振などの消化器症状を主とした身体症状があります。


漢方薬治療では、まず最初に身体的な症状を改善し、次に身体的な苦痛から解放することからはじめます。

 

身体的な症状が改善してくると、人間本来の自己調整能力・自然治癒力が徐々に機能するようになり、心的エネルギーが充填され、精神面の苦痛も徐々に取り除かれていくと考えられています。

 

ただし、漢方薬での治療というのは、西洋医学で言うところの薬物療法のように、即効性があまり期待できません

うつ症状が酷い方は、急性期に自殺する危険性もありますので、その際は漢方薬のみならず、西洋薬の抗うつ薬に漢方薬を併用する方法が推奨されます。
 
うつ病の体質のタイプは、【肝気鬱結】、【気滞痰鬱】、【心脾両虚】、【陰虚火旺】などに分けられます。
 
【肝気鬱結】タイプ
肝経の経絡上の気のめぐりが悪いタイプ。
症状として:憂うつ感、イライラ感、情緒不安定、食欲不振、腹部膨満、腹痛、口渇、頭痛、月経不順など。
 
【気滞痰鬱】タイプ
肝経と脾経に問題があるタイプ。
症状として:胸部不快、のどの閉塞感や異物感、喀痰量増加、悪心、食欲不振など。
 
【心脾両虚】タイプ
心経と脾経に問題があるタイプ。
症状として:動悸、不安感、不眠、浅眠、健忘、眩暈、倦怠感、顔面蒼白、食欲不振など。
 
【陰虚火旺】タイプ
症状として:眩暈、耳鳴、寝汗、動悸、不眠、腰痛、生理不順など。

 

これらの症状に合わせ、飲み合わせや、その方の体調を考慮しつつ、症状別の漢方薬を処方し治療します。
ですが、先に述べたとおり、症状が重篤で自殺の危険性がある場合は、即効性のある治療が必要になるため、西洋医学での抗うつ薬の使用をお勧めします。

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/09/30-350691.php)

 

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

漢方に関する記事

うつ病に効果アリ?の漢方薬

    うつ病を抱える患者数は年々増えています。 職場環境や人間関係、...

うつ症状が重い方向けの漢方薬

      うつ病の方に漢方薬を処方する場合は、その方のタイプを2つに分けて...


うつ病に処方される漢方薬

    普通、漢方薬を処方する際は、その方のタイプを分け、その方に合った漢方を...

ねむい、だるい、おもいに心当たりがあれば、加味帰脾湯

  仕事へ行けてはいるけれど、不眠気味、だるい、体が重いという症状が長く続...

カラダノートひろば

漢方の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る