カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 治療方法 >
  5. 東洋医学 >
  6. 漢方 >
  7. うつ病に処方される漢方薬

メンタル

うつ病に処方される漢方薬

   

普通、漢方薬を処方する際は、その方のタイプを分け、その方に合った漢方を処方します。
その分類の仕方を虚実といい、「虚証」と「実証」、「中間証」があります。


日本漢方の虚実を簡単に説明すると、虚証は『体力がない状態、元気がない状態、パワーが足りない状態』で、実証は『体力が十分に有る状態、元気が有り余った状態、パワーが余った状態』となります。虚証でも実証でもない人を中間証と言います。

 

実際に軽度のうつ病~中等度のうつ病の方に多く処方される漢方薬には次のようなものがあります。

 

◆軽いうつ病◆

 

《中間証》
◎香蘇散(こうそさん)
どちらかというと神経質な方で、なんとなく不安で眠れない、意欲がわかない、食事摂取量が少ないという方に処方します。

ふだんから胃腸が弱い方向けで、頭痛、発熱、悪寒などの風邪の症状が出だした時にも使います。香附子、蘇葉、陳皮と気剤が多く使われており、軽い憂鬱気分に効果があるようです。

 

《虚証》
◎ 酸棗仁湯(さんそうにんとう)
神経過敏による不眠に使用します。心身が疲れて、尚且つ弱って眠れない場合。体力の消耗から来る昏民(放っておくと寝てしまうもの)、自律神経失調症、不安神経症、不眠症、神経衰弱、心臓神経症、眩暈にも効果あり。

主に、眠りが浅く、そのため疲れを感じている場合に処方します。

 

◆中等度のうつ病◆


《実証》

◎柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
主に不安、不眠、便秘などを訴え、みずおちに動悸がある場合に処方します。

竜骨や牡蠣、柴胡、大黄などの生薬を配合しており、竜骨と牡蠣には精神を安定させる作用があります。
神経系に働きかけ、主に更年期神経症を改善します。

特に気分の落ち込みやイライラなどの症状に効果を発揮し、気持ちを穏やかにしてくれます。
精神的に不安定で、動悸や不眠等を伴う高血圧の随伴症状(動悸、不安、不眠)や、神経症等に用いられています。

 

《中間証》
◎半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
顔色がすぐれず、神経症的傾向があり、うつやヒステリーなどの精神症状に加え、のどの通りが悪く、胸のつかえ感や吐き気などの身体症状がある場合に処方します。

 

《虚証》
◎加味帰脾湯(かみきひとう)
憂うつ症状や不安感のある神経症を鎮めます。動悸や貧血があり、体が疲れ、イライラして不安感がある場合に適用です。

精神症状の強い人に使用し、体力をつけながら精神を安定させます。

 

◎柴胡桂枝乾姜湯 (さいこけいしかんきょうとう)
平素あまり丈夫でない方、イライラして睡眠も充分にとれない、といった神経症状が著しく、時に動悸や息切れを覚えるような方に用いられます。

また、更年期障害にも効果があります。虚弱体質で繊細な神経をもち合わせた方に効く穏やかな処方で、体の熱や炎症を解消し、神経の疲れを癒して心身にかかわる病気全般に用いられる薬です。

 

こちらはほんの一例で、その方の体調や症状に合わせた薬の調合が可能です。

最近は保険適応内で処方されるケースもありますが、保険適応外で処方をされる場合は、薬代が高価になりますので、処方してもらう際は気をつけて下さい。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/04/16-360886.php)

 

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

漢方に関する記事

うつ病に効果アリ?の漢方薬

    うつ病を抱える患者数は年々増えています。 職場環境や人間関係、...

うつ症状が重い方向けの漢方薬

      うつ病の方に漢方薬を処方する場合は、その方のタイプを2つに分けて...


ねむい、だるい、おもいに心当たりがあれば、加味帰脾湯

  仕事へ行けてはいるけれど、不眠気味、だるい、体が重いという症状が長く続...

自分に合った漢方薬を見つけるには?

      これまで頼っていた抗うつ薬、抗不安薬、睡眠導入剤などを絶ち...

カラダノートひろば

漢方の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る