カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 居宅介護 >
  4. 訪問介護 >
  5. その他 >
  6. 高齢者の在宅生活を支える~訪問介護のメリット

介護・認知症

高齢者の在宅生活を支える~訪問介護のメリット

 

訪問介護は、高齢者の日常生活や家族の在宅介護をサポートする心強い味方です。在宅で生活し、訪問介護を受けるメリットをまとめました。

 

 

◆環境を替えなくて良い

施設に入所して介護を受けると、住み慣れた家や町を離れなくてはなりません。新しい環境になじみにくい高齢者にとっては、大きなストレスになりかねません。近所の友人など、長年培ってきた人間関係も維持できます。

 

◆同居する家族の負担減

家族が同居して介護にあたっているなら、肉体的・精神的な負担を軽減できます。外部の人が家の中に入ることで、孤独感・閉塞感が和らぐでしょう。

 

◆独居高齢者の支え

在宅生活を望む独居の高齢者にとって、訪問介護は大きな支えです。手が行きどかない家事の手伝い、話し相手、通院の介助など、「少し手伝ってもらえば、1人で生活できる」という高齢者は、訪問介護の活用をお勧めします。

定期的に訪問介護員が来るため安否確認にもなり、離れて暮らす家族も安心です。

 

◆費用が安い

自治体によって費用は異なりますが、入所施設・通所介護よりも費用が安いのが一般的です。利用頻度・時間で負担額を調節できます。深夜利用など別途加算される料金もあるので、事前確認してください。

 

◆生活にメリハリがつく

高齢になると、「誰かが自分を訪ねてくる」ことが少なくなりがちです。

訪問介護員は、外部との繋がりになります。話し相手にもなってくれる訪問介護員が来るのを、心待ちにする高齢者もいます。

 

 

在宅生活を続けられる、外部との繋がりができる、生活の質が向上するというメリットは、独居の高齢者、家族と同居の高齢者ともに大きいようです。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/05/28-362591.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

訪問入浴って知ってる?自宅での入浴が難しい高齢者向けのサービス-基礎知識-

  自宅での入浴が難しい高齢者が利用できる、訪問入浴というサービスを知って...

訪問介護のトラブルを避けるために気をつけることって?

訪問介護は家の中というプライベートな空間の中、高齢者と1対1で行われるため、行...


訪問介護の利用で注意したいこと

  在宅介護で大いに活用したい訪問介護にも、注意点やデメリットがあります。...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る