カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 治療方法 >
  5. 鍼・ツボ >
  6. うつ病の治療法~鍼灸治療はどんなもの?

メンタル

うつ病の治療法~鍼灸治療はどんなもの?

うつ病による内臓への影響

西洋医学では、うつ病といえば脳内の神経伝達物質の異常だとされていますが、鍼灸治療の観点からいうと、精神に何らかの変調を来たすのは、やはり臓器の変調による体調の変化から来るものだと考えられています。

 

特にうつ病の場合は腎臓や心臓の働きに変調を来たしているため、様々なうつ症状が表れているとされています。

 

腎臓が変調を起こすと、体内の老廃物質や余分なものを体外に排出する機能が低下します。そのため眠りが浅くなったり、不安感が募ったり、疲れやすくなったりします。

 

また、心臓が変調を起こすと、動悸がしたり、食欲が低下し、不安感が強く出るようになります。また当然のことながら体力が低下し、外に出るのが億劫になったりします。

 

うつ病のうち、腎経を主体に発生するものは、体の冷えやむくみ、産後の不調などが酷くなるとされ、心経を主体に発生する方は不安感が強く出るとされます。

 

うつ病の鍼灸治療

治療としては、腎経と心経を強くする治療をすることが大切になります。心経のツボは主に上肢にあり、そこから心臓に向かうものです。腎経のツボは下肢にあり、そこから体幹部・心臓に向かうものです。

 

これらを刺激し、血流をよくする事で変調を整えることを目的に治療を行います。

 

腎経の治療に効果がでると、不眠が解消され眠りが深くなるとされています。睡眠が充分に取れると、身体がリラックスした状態になりますから、当然心経にもゆとりが出できます。そうやって全身的に表れるうつ症状を改善します。

 

ただし、服薬治療とは違い、即効性は期待できません。できるだけ薬は飲みたくない、自然にゆっくりと治したいという方に鍼灸治療は向いていると思います。

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

鍼・ツボに関する記事

更年期うつと鍼灸治療 更年期うつに効くツボって?

          更年期症状といえば、女性で生理が終わる前後、主に40~5...

うつ病の症状が出た・・・困った時のツボ押し!

   うつ病は治療を続けていても、いつ症状がでるかわかりません。自分では思って...


鍼でうつ病による自律神経の乱れを正す!

    人は誰でも自己治癒能力があり、軽いものであれば投薬がなくても治る...

頼っていた投薬を絶つことが鍼灸の最終目標!

  個人差もありますが、うつ病には鍼灸は効果があると考えられています。うつ...

カラダノートひろば

鍼・ツボの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る