カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 治療方法 >
  5. 東洋医学 >
  6. その他 >
  7. 抗うつ薬と漢方薬の併用はOK?

メンタル

抗うつ薬と漢方薬の併用はOK?

    

新規抗うつ薬であるSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)の登場により、これらの抗うつ薬を使用する機会は急激に増加してきています。

 

これらの薬剤はTCA(三環系抗うつ薬)でみられた抗コリン作用や心毒性(心臓に悪影響を及ぼす毒性)鎮静などの作用が少なく、抗うつ効果もTCAと同様であると言われており、安全で有効な抗うつ薬として国内外のうつ病治療ガイドライン等で、第一選択として挙げられています。

その使いやすさのため、海外では約8割のうつ病患者が家庭での治療を受けているとも言われています。

 

しかし、その反面、症状が重篤化してから受診した場合などは、新規抗うつ薬では不十分なケースもあり、その場合はTCAに頼らざるを得ないこともあります。


TCAでは次のような副作用があり、効果よりもこの副作用に悩まされる方が多いようです。

そのため、各々の辛い副作用に対して漢方薬を併用し、副作用での苦痛を最小限に抑えて治療をしていくという、東洋・西洋合同医療が行われるようになっています。

 

◆ TCAの副作用◆


* 口渇
* 便秘
* 排尿障害
* 食欲不振
* 胃部不快感
* 動悸
* 不整脈
* 眠気
* 立ちくらみ
* 眩暈
* 吐き気

 

これらの症状に対し、その方の体質に合った漢方薬を処方してもらうことで、副作用が抑えられれば、服薬を途中で中断することも少なくなり、より治療し易くなるということで、治療を受ける側からは歓迎されているようです。

 

東洋医学と西洋医学の垣根を越えて、互いの利点を共有しあう事は、今後の医療にとっても望ましいことだと思います。

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/03/10-377082.php )

 

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

早期治療介入でその後の症状が変わる?うつ病治療に期待される東洋医学

       うつ病の治療は、早期介入と早期治療が、その後の予後に大きく関係す...

うつ病リワークプログラムと漢方薬

       就業中にうつ病となり、治療上仕事を長期で休まなければいけなくなっ...


健康になるための療法の原点「食養」

    東洋医学で良く聞かれるのは「医食同源」という言葉です。 医療と...

心と体のバランスに逆らわない、東洋医学のうつ病治療

    一般的に「病は気から」ということわざにもありますが、東洋医学では...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る