カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 治療方法 >
  5. 東洋医学 >
  6. その他 >
  7. うつ病リワークプログラムと漢方薬

メンタル

うつ病リワークプログラムと漢方薬

      

就業中にうつ病となり、治療上仕事を長期で休まなければいけなくなった場合、治療終了後にもとの職場に戻るため、医療現場では復職のためのプログラム(うつ病リワークプログラム)を実施しています。

 

◆ うつ病リワークプログラムとは◆


うつ病リワークプログラムとは、集団療法で復職準備をし、セルフケアと再発予防を促す次の要素から構成されます。


1) トータルリハビリテーションの必要性
職場での業務遂行の仕方の見直しをし、自ら管理をしていくこと、対人関係スキルの再構築など医療的・職業的・心理的・社会的菜リハビリテーションを総合的に行う支援があること。


2) 再発・再休職予防の必要性
うつ病を発症すると、復職後も再発のリスクを負って生活することになる。そのため、復職に向けて、職場と連携を図り、環境調整を行っていく必要性がある。


3) 病前自己喪失からの回復と、自己イメージ再構築の必要性
復職後も体調を崩さずにやっていくためにどうしたら良いかを話し合う機会が得られる。

また同じ喪失感を持った対象者らがお互いの喪失感を傾聴し、受容していく過程を経て、相互成長を促す場になること。

 

リワークプログラムを実施していくに当たり、うつ病から回復したばかりの方は、体力の低下や持続の困難さを感じていくことが多いようです。
その場合、体力回復や滋養強壮の漢方薬を用いる場合があります。

 

◆体力維持や滋養強壮に効く漢方薬◆
*当帰芍薬散 (とうきしゃくやくさん)
*加味逍遙散 (かみしょうようさん)
*補中益気湯 (ほちゅうえっきとう)
*安中散 (あんちゅうさん)
*清暑益気湯 (せいしょえっきとう)
*帰脾湯 (きひとう)
*参蘇飲 (じんそいん)
*麻黄附子細辛湯 (まおうぶしさいしんとう)
*小建中湯 (しょうけんちゅうとう)


……など。

 

うつ病から立ち直り、再就職する方のためのプログラムを実施している病院や施設はさほど多くありません。うつ病の患者が増えている現在、より多くのリワークプログラムを導入する施設が、今後増えていくことでしょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/04/22-378071.php )

 

著者: kyouさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

抗うつ薬と漢方薬の併用はOK?

     新規抗うつ薬であるSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)やSN...

心と体のバランスに逆らわない、東洋医学のうつ病治療

    一般的に「病は気から」ということわざにもありますが、東洋医学では...


健康になるための療法の原点「食養」

    東洋医学で良く聞かれるのは「医食同源」という言葉です。 医療と...

早期治療介入でその後の症状が変わる?うつ病治療に期待される東洋医学

       うつ病の治療は、早期介入と早期治療が、その後の予後に大きく関係す...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る