カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. その他 >
  5. 直腸瘤による便秘には早めの対処を!

女性のカラダの悩み

直腸瘤による便秘には早めの対処を!

 

直腸瘤は軽度ならばほとんど症状もなく、何の対処もする必要はなく、もし症状があったとしても便秘症状だけなので、軽い症状だと思われがちです。

しかし、直腸瘤の便秘はただの軽い便秘と同じには考えてはいけません。
直腸瘤の便秘は直腸の前部が女性の膣側に飛び出して、大便の流れが滞ってしまうことによって引き起される排泄困難による便秘なのです。

これが完全に便の流れが滞ってしまう重度の直腸瘤となってしまうと、腸の出口が物理的に詰まってしまうことになります。
早急に直腸瘤に対する対処を行わないと、腸内にどんどん老廃物がたまり、非常に危険な状態となる可能性も充分考えられます。

■直腸瘤の対処


●無症状の場合
特に煩わしい症状がない直腸瘤は治療の必要がほとんどなく、そのまま放置していても特に問題は有りません。

●便秘症状の場合
1.薬物療法
直腸瘤によって便が出にくい場合は、まずは緩下剤や坐薬を使って便秘の薬物療法を行います。

2.手術
薬物療法でも排便困難が解消しない場合は、手術によって膣と直腸の間の組織を縫合し、壁を補強して直腸瘤を解消する治療を施します。
※この手術には肛門から行う場合と、膣側から行う場合の二通りの方法があります。

直腸瘤で排泄困難となった場合、最初に行うのが軽い便秘と同様に薬物による便秘の解消を行います。
ですが、前述したように重度の直腸瘤で直腸の出口が完全に塞がっていれば、幾ら薬物を使っても意味がありません。

その場合は、物理的な手段で出口を塞いでいる直腸瘤を解消することが必要となります。
簡単な対処法で、膣側から直腸瘤を指で押さえ、直腸の形を一時的に正常に戻すことで、瞬間的に排泄がやりやすくなりますが、やはり根本的な治療を行う場合、外科的な手術が必要となるでしょう。

 

 

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/375)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

直腸側の疾患が原因*特殊な直腸膣瘻

  直腸膣瘻の原因と言えば、分娩時の会陰裂傷、分娩のための会陰切開などの手術など...

元気すぎるときは注意!?バセドウ病

  え、元気なのは良いことじゃないの?!もちろん元気はいいことです。ですが、 ...


膣(ちつ)にこぶのようなできもの?!原因、可能性のある病気と対策

デリケートゾーンのトラブルは相談しにくい反面、何かあったら…と不安にもなります...

牛乳を飲むとおなかをくだす?乳糖不耐症の治療法

  牛乳などの乳製品を飲むと、消化できなくて下痢をしたり、ガスが発生する症状、...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る