カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 大腸炎 >
  5. 真っ赤な血便が出た時に考えられる疾患とは

気になる病気・症状

真っ赤な血便が出た時に考えられる疾患とは

真っ赤に血で染まった大便は明らかな異常のサインです。
真っ赤な大便ができることから、大腸のかなり奥まったところで出血していることが特定できます。
それ以前の部位の出血だと消化器の働きによって血液が変質し、血便ではなくタール便になるはずだからです。

鮮やかな赤の血便がでるという事実だけで、これだけの疾患が考えられます。

 

■真っ赤な血便が出る疾患

●痔核と裂肛
肛門に痔核や裂肛ができると、排便の度に出血し、大便が鮮やかな赤に染まります。
排便時に痛みや違和感を感じ、繰り返し出血するのが特徴です。

●大腸ポリープ、早期大腸癌
症状がなく、便通にも変化なく繰り返し少量の血便が出る場合は大腸ポリープ大腸癌の疑いがあります。

●進行大腸癌、直腸癌
血便に粘液が付着し、便秘と下痢を繰り返す場合は、進行性大腸癌か直腸癌の疑いがあります。

●潰瘍性大腸炎
若い人に多い病気で、自己免疫異常か心理的要因によって大腸に潰瘍が多発する疾患です。
慢性の粘液の混じった血便がイチゴジャムのようになるのが特徴です。

●虚血性大腸炎
大腸へ血液を送る動脈が詰まるか、狭くなることで起きる大腸炎です。高齢者で動脈硬化糖尿病を患っている人に多く、急に血便がでます。

●大腸憩室症
大腸にできた袋状の憩室に内容物がたまり炎症となり、最後に出血することで血便となります。
粘液や膿の付いた血便として排出されるのです。

●出血性大腸炎
特定の大腸菌に感染することで出血性の下痢を引き起す胃腸炎で、腹部に強く痙攣するような痛みを伴います。

●偽膜性腸炎
抗生物質を長期に使ったため、善玉菌が死滅し、代わりに異常繁殖した菌の毒素が腸内粘膜を傷つけ偽膜を形成する大腸炎です。
粘液と血液を伴う下痢となります

血便の色が赤というだけでなく、便に粘液が付着しているか、便秘か下痢を伴うかでだいぶ疾患を絞り込むことができるでしょう。 

(Photo by: //www.photo-ac.com/)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

大腸炎に関する記事

若い人に急増!潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎とは?潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜にびらん(ただれ)や潰瘍(深い傷)が...

難病指定の潰瘍性大腸炎(UC)

  具合が悪いと病院に行き、医師から診断が出ます。 病気には必ず原因があ...


病気を治す薬が、大腸炎を引き起こす!?

    小さな病気でも大きな病気でも、体調に異変がでると必ず使うのが薬で...

乳糖不耐症の改善にはヨーグルトが有効

        乳糖は、母乳やミルクに含まれている糖分の一種で、新生児が成長...

カラダノートひろば

大腸炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る