カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肛門 >
  4. 肛門そう痒症 >
  5. ギョウ虫による肛門の症状って?

気になる病気・症状

ギョウ虫による肛門の症状って?

誰もが子供の頃にギョウ虫検査を受け、そしてその一部の人がギョウ虫駆虫を行ったことがあるはずです。

 

ギョウ虫が活動するのは腸内と、そして肛門付近で、ギョウ虫の雌が卵を産むために活動することが肛門の痒みの原因となり、強い痒みが不眠の原因となります。

 

また、肛門の痒みに我慢できず掻きむしることで、さらにギョウ虫感染を拡大させ、肛門に炎症を起こさせることにもなりかねないのです。

 

■ギョウ虫による肛門の症状

1.ギョウ虫による痒みの原因

●ギョウ虫が這い回った痕

ギョウ虫のメスが肛門から出て、周囲を動き回ることで強い痒みが発生します。

 

●生み付けられた卵

ギョウ虫の雌が産み付けた卵は粘着性の物質が付着し、それによって皮膚にこびりつきます。その粘着性の物質が、激しい痒みを発生させるのです。

 

2.痒みによる症状

●寝不足

主に睡眠時に雌のギョウ虫や産み付けられた卵によって痒みが強くなるため、その痒みに睡眠を妨げられ、睡眠障害の様な症状が発生する場合があります。

 

●肛門の炎症

痒みで我慢できず激しく掻きむしると、掻いた痕が炎症を起こし、さらに強い痒みとなる悪循環を起こします。

 

3.駆虫

ギョウ虫はパモ酸ピルビニウムを経口投与することで腸管から安全に駆除することができます。

 

4.予防

ギョウ虫の卵は、痒みで肛門付近を掻いた指先に付着し、あちこちに接触する度に撒き散らかされ感染を広げます。

 

当たり前のことですが、もし肛門を掻いたなら、すぐにきちんと手を洗うなどの衛生対策を行うことで、その感染を防ぐことは容易にできるのです。

 

ギョウ虫に感染したのならば、もちろんすぐさま駆虫することは当然ですが、それ以前に痒みを我慢すること、我慢できなかった際はかいた指先をすぐにきれいに洗い流すことが、ギョウ虫拡散防止のために必須の心構えとなります。

(Photo by: //www.photo-ac.com/)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肛門そう痒症に関する記事

拭き残しだけではない!肛門の痒みの原因

肛門で最も気になる症状と言えば、痒みです。肛門の痒みは、便の拭き残しという有力...

ウォシュレットの使い過ぎは、肛門にとって大迷惑?

  ウォシュレットで洗い流すのが気持ちよくて、ついついトイレのたびに肛門をじっ...


肛門そう痒症は掻き過ぎ洗い過ぎに注意しましょう!

     肛門そう痒症とは、男性に多く見られる肛門周囲の皮膚に痒みを覚える病...

おしりがかゆい・・・特発性と続発性の肛門掻痒症

  肛門に痒みが生じる肛門掻痒症ですが、全てに痒みに原因があるわけではあり...

カラダノートひろば

肛門そう痒症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る