カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

気になる病気・症状

外反母趾の進行と角度

 

外反母趾は最後にはまるで脱臼したかのような状態まで曲がってしまう足の骨の変形ですが、一気にそこまで曲がってしまうわけではありません。

徐々にゆっくりと曲がっていくことで、骨を変形させながら外反母趾は進行していくのです。
初期の外反母趾ならば、簡単なマッサージをして、きちんと足に合った靴に履き替えればすぐに正常な足の形状に戻すことができます。

逆に、そのまま外反母趾が進行すると、簡単には元に戻せないレベルまで骨が変形してしまうと言うことです。

そこまで重症となると、もはや手術をするしか治療することはできなくなります。

■外反母趾の進行


1.可逆期
親指の外反が靴を変えたり、マッサージをすることで元に戻る初期の状態です。

2.拘縮期
関節の炎症が起こり、靱帯が固まってしまい、外反が元に戻らなくなってしまいます。

3.進行期
外反が自然に進行して、どんどん親指が曲がっていってしまう状態となります。

4.終末期
親指が他の指に重なってしまい、関節がまるで脱臼したようになってしまいます。

■外反母趾の角度
●十五度未満
まだ正常な形状の軽度の外反母趾です。
●十五度以上二十度未満
元に戻すことが難しくなった軽症の外反母趾となります。
●二十度以上四十度未満
かなり進行した、進行期の外反母趾です。
●四十度以上
もう終末期で、親指の関節が脱臼したように曲がってしまっています。

手遅れとなる前に、合わない靴を履き替え、適度な運動などをし、専用の矯正器具を使用するなどして外反母趾を治療する保存療法があります。
それも終末期になる前に始めなければなりません。そこまで進行してしまえば、保存療法ではとても治療ができないほど骨が変形してしまっています。

 

 

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/5510)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

外反母趾に関する記事

身体のバランスを崩してしまう外反母趾

  足は、全身を支え、体軸のバランスを保つ重要な役割を持つ器官です。 単に立つ...

ハンマートゥには早めに足マッサージを

ハンマートゥを見た目が少し変形するだけの疾患だと甘く見ていると、悪化してとん...


足の筋肉のバランス悪化で扁平足に!

  身体を支える足の土踏まずのアーチが無くなることを扁平足と呼びます。 この扁...

外反母趾の痛みが軽減!外反母趾用の靴やインソール

  外反母趾の痛みを軽減するには、靴や中敷(インソール)など歩く道具を自分用、...

カラダノートひろば

外反母趾の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る