カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. 外反母趾 >
  5. 知っていますか?内反小指

気になる病気・症状

知っていますか?内反小指

足の親指が曲がってしまう外反母趾はある程度有名ですが、小指が内側に曲がってしまう内反小指はそうでもありません。それは、内反小指という疾患が、主に外反母趾の合併症的な位置づけであり、だれもが外反母趾を憶えても、内反小指を憶えてはいないのです。

 

ですが、内反小指が外反母趾の合併症的疾患であることは間違いなく、骨の変形の原因が同じものであるからこそ同時に発症することになっているのです。

 

外反母趾と内反小指が同時に発症する原因とは、細い靴先に無理矢理足先を入れることです。無理矢理、足先をすぼめて靴を履くことで、親指を外側に、小指を内側に曲げた状態となり、その状態で歩いたり走ったりすることになります。それが骨と関節を曲げる大きな原因となるのです。

 

■外反母趾の合併症としての内反小指

●内反小指

内反小指は、靱帯性外反母趾や混合性外反母趾などに伴って発生する合併症であり、外反母趾とは逆に小指が内側に向かって曲がっていきます。

 

1.小指内側の靱帯

足の小指の内側の中足靱帯が緩み、内側に小指が曲がります。

 

2.小指付け根の関節部分が出っ張る

足の小指が内側に曲がることで、曲がった関節部分が外側に出っ張るように変形してしまいます。

 

●痛み

変形した足の小指の付け根と、外側に出っ張った突起部分に痛みが発生することになります。

 

●原因

内反小指の原因は、ファッションなどのために足先の細い靴を履くことによって引き起されます。先の細い靴先によって足の親指が外側に変形する外反母趾になり、足の小指が内側に変形する内反小指となってしまうのです。

 

原因が同じ出る外反母趾と内反小指を予防する、軽症であれば治療することもどちらも簡単です。足をすぼめることなくゆったりとはける靴先の靴を探してそれに履き替えれば、あとはその靴で日常を過ごすことで自然と骨の変形はゆっくりと元に戻っていくはずです。 

(Photo by://www.photo-ac.com/)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

外反母趾に関する記事

治療法いろいろ!外反母趾の保存療法

  外反母趾は進行しないように、日々のケアが大事です。手術でない治療を行う場合...

足の指を鍛えてハンマートゥを予防

  足の指が曲がった状態で固定するハンマートゥは足の腱と筋が衰え、不均衡を起こ...


O脚から合併する内反小指

  内反小指は、足の指先に集中する体重の負担が偏ることによって起こる足の変形で...

足のアーチがゆがむハイアーチとは?

靱帯の全体重を支える足の裏には、体重の負担を緩和するためアーチ状の形状を形作っ...

カラダノートひろば

外反母趾の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る