カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. アンチエイジング >
  4. その他 >
  5. 老化現象の原因は「糖化反応」だった?糖化反応とアンチエイジング

美容・ダイエット

老化現象の原因は「糖化反応」だった?糖化反応とアンチエイジング

 

人が加齢によって衰える老化現象の多くは、組織を形成するタンパク質が糖化することによって引き起されると抗老化医学ではなっています。

糖化反応の影響はコラーゲンや水晶体タンパク質クリスタルなど、本来寿命の長いものほど影響を受けることになります。

糖尿病患者は高血糖故に、糖化反応が促進され、どんどん寿命が短くなってしまいます。

抗老化医学では、寿命を延ばすために糖化反応を抑制する抗糖化ケアが必要であり、それこそが老化を遅らせるアンチエイジングだとしています。

糖化によって引き起され、糖化を抑制することによって進行を遅らせることができる老化現象には以下のようなものがあります。

■糖化によって起こる老化現象


1.白内障
糖化反応によって変質した老廃物の蓄積が白内障リスクを上昇させます。

2.しわ、しみ、肌の劣化
コラーゲンが糖化することによって
肌の張りと弾力が失われ、皮膚を老化させていきます。
老人斑という皮膚の変色もその一つです。

3.動脈硬化
糖化された老廃物が高血圧を進行させ、動脈硬化を促します。

4.骨粗鬆症
コラーゲンの糖化は骨の強度を劣化させることにも繋がります。

5.アルツハイマー
脳内のアミノ酸が糖化され、蓄積されることでアルツハイマー病が進行するという説があります。

これらの老化現象を抑制するためのアンチエイジングは、いかに糖化反応を抑えるかということになります。

その抗糖化ケアは難しいものではなく、ほとんどが簡単な食事療法で、どのようにして血糖値の上昇を抑えて食事をするかと言うことが重要なのです。
そうして実際に血糖値の上昇を抑えれば、その効果は老化現象の抑制、アンチエイジングとして現れるのです。

 

 

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/726)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

美容にも健康にも悪影響の「糖化」…抗糖化のためには具体的になにをすればいいの?

  近年研究が進んだことによって、肌や体の老化に「体の糖化」が関係していること...

老化の原因となるホルモンの分泌量の変化について

  体が老化する原因にはさまざまな要因がありますが、その中の一つに「ホルモンの...


飲んで「アンチエイジング」サプリ事情

      飲んで「アンチエイジング」サプリ事情    アンチエイジン...

いま話題の「体温をあげる健康法」が老化防止にも効く理由

  理想の基礎体温は36.5℃と言われています。   この理想体温を...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る