カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 心臓 >
  4. 心筋梗塞 >
  5. 心筋梗塞の概要と治療~その後

気になる病気・症状

心筋梗塞の概要と治療~その後

心筋梗塞の概要と治療~その後

成人の病気でよくみられる心筋梗塞について紹介していきます。心筋梗塞はあらゆる合併症もあり、死に至る病気の1つでもあります。誰でも起こりうる危険な病気として、三大疾病の一つとしてもあげられています。

心筋梗塞とは・・・

冠動脈(酸素が多く含まれ心臓の周りを囲むように走っている血管)が流れにくくなり、血管が太くなり、その後太くなった血管が閉まってしまい、心筋が壊死状態になったことを言います。一般的には発症から1ヶ月~2ヶ月以内に発症したものを急性心筋梗塞、それ以前は急性冠症候群といわれています。

 

下記の症状に似た症状の場合なるべく体を動かさず、安全な場所に移動させて、救急車を待ちましょう。

心筋梗塞の症状の種類

1、胸がチクチクと刺すような痛みがある(一瞬で終わる)狭心症から発症するケース 2、全く症状もなく発症するケース と2つに分かれます。

 

ですから自覚がなく早期発見が遅れることもしばしば見受けられます。

狭心症との違いは、胸の痛みが30分以上続き数時間に及ぶこともあります。

 

発作時に、冷や汗・吐き気・嘔吐をともなうことが多く、痛みは首・顎・左肩・左手に分かれます。背中に痛みが出ることもあります。 糖尿病をお持ちの方や高齢者の場合、胸の痛みの訴えが少なく呼吸困難・息切れ・失神などを発症する場合もあります。

心筋梗塞の治療

急性心筋梗塞の場合には

・酸素投与(酸素が不足するため)

・痛みを抑えるアスピリンとニトログリセリンを舌下(舌の下で服用します)投与。

痛みが改善しない場合モルヒネを投与します。*モルヒネに関しては麻薬のイメージが強いかもしれませんが、中毒にならないよう少量で投与を行います。

急性期(発症当初)を超えた後には、ヘパリン(血液を固まらせないようにするため)とニトログリセリンの投与を行います。発症から12時間以内が心筋を救済する最も効果的な時間とされています。

 

合併症としては、心不全・不整脈・心原性ショック(左室心筋の50%が壊死してしまう)心破裂(中の一部が破裂してしまう)などがあります。

これらを防ぐためには早期対応が重要となります。

心筋梗塞の方の今後のケアと療法

心筋梗塞の患者さんにとって最初に重要な点として、社会復帰(元の生活に戻る)ことです。最初、心臓のリハビリとして運動療法が行われます。 無理をせず・あせらず・積極的に運動をしていくと、早期離床(活動ができる)が促進されます。高齢者の方の場合には寝た切りを防いでQOL(生活の質)の向上にもつながります。

併用して血液をきれいにするため食事療法として、塩分控えめ、体重の変動などに気をつけて行っていくと効果的に改善に向かうことができるでしょう。

 

 

上記のような、早期対処と予後のケアに気をつけて生活をしてみてください。焦りは禁物です。元の生活に戻れるようしっかりと療養して回復させましょう。

 

(Photo by //medical.i-illust.com/tag_1_%E5%BF%83%E8%87%93.htm

著者: 姫苺さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

心筋梗塞に関する記事

増えているって本当!?若年性心筋梗塞とその原因 1回の発作で死亡することも…!?

最近では、40代、早ければ30代で心筋梗塞になってしまう場合もあるのです。若く...

不眠症で死亡リスクが上がる!?心血管疾患を引き起こす原因となる炎症にかかりやすくなる!

不眠症が原因で死ぬ可能性は、遺伝による致死性の不眠症以外はあり得ません。ですが...


入浴時はヒートショックを起こしやすい?知っておきたい豆知識

  寒い冬は、寒い脱衣所で衣服を脱ぎ、震えながら浴室へ行くというのが日常茶飯事...

その症状、もしかして心筋梗塞?チェックシートで早期発見!

  心臓へ血液を送り出す冠動脈が詰まってしまい、心臓の血液が十分に行き届かなく...

カラダノートひろば

心筋梗塞の関連カテゴリ

心筋梗塞の記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る