カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 男性のカラダの悩み >
  3. 病気(男性特有) >
  4. 膀胱 >
  5. 性交時に膀胱炎をうつさない・うつされないために

男性のカラダの悩み

性交時に膀胱炎をうつさない・うつされないために

 

膀胱炎は性病的な一面も持っています。というのも膀胱炎には細菌感染がかかわっているからです。

膀胱炎の患者の膀胱には細菌があり、性交時に尿道や肛門などから膀胱炎がうつる場合もあるのです。

尿道の長さの関係から女性の方が膀胱炎をうつされやすいです。

膀胱炎を性交時にあげない・もらわないための工夫を見ていきます。

 

性器を清潔にする

性交前はもちろんとして、普段から性器を清潔にするということを忘れないようにしてください。

どんな細菌でも不潔な状態が続くと繁殖します。それは膀胱炎を引き起こす細菌でも同じです。

男性器を洗う時にはまず陰毛部分から洗っていきます。ボディソープなどを泡立てて泡をからませるように洗ってください。

次に陰嚢やペニスはしわの部分に汚れが貯まらないように新しく泡立てたボディソープで洗います。

 

コンドームをする

コンドームは避妊の為だけではなく性行為でお互いの体に細菌を移動させない役割もあります。また、膀胱炎だけではなく性病も防げるのです。

妊娠を望まない性交のときにはコンドームを使って膀胱炎や性病の感染も予防しましょう。

 

膀胱炎にかかっているときは性交を避ける

膀胱炎にかかっているときには性交しない方が本来はよいです。コンドームを付けていても、性器を清潔にしていても感染の可能性が高くなってしまいます。

同じように女性が膀胱炎のときにも性交は避けるようにしましょう。

 

膀胱炎を性交時にあげない・もらわないためのポイントは性器を清潔にする・コンドームをする・膀胱炎時には性交を避けることの3つです。

パートナーと自分の体を守るためにもぜひ気を付けてください。

 

(Photo by: //pixabay.com)

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

膀胱に関する記事

前立腺摘出に伴う重度の尿失禁が治療可能に!『人工尿道括約筋の埋め込み術』とは?

食の欧米化によって、以前よりも前立腺がん発症率は上昇しているものの、腫瘍マーカ...

男性の膀胱炎は前立腺炎が原因かも

男性の場合、尿道の長さによって膀胱炎のリスクは低く抑えられていますが、それはあ...


男性の尿道炎から膀胱炎になるリスク

  本来なら膀胱炎となるのは、尿道からの細菌感染が原因であり、女性の膀胱炎...

五十代以上の男性は膀胱癌になりやすい?

  膀胱癌は自覚症状が少なく、癌転移もしやすい非常に危険な癌です。 その症...

カラダノートひろば

膀胱の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る