カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 男性のカラダの悩み >
  3. 病気(男性特有) >
  4. その他 >
  5. アメリカ発!画期的な早漏治療とは

男性のカラダの悩み

アメリカ発!画期的な早漏治療とは

 

早漏は背後に病気が隠れていなければ病気とは分類できませんが、悩んでいる方は非常に多いです。

男性の3-4割は早漏の悩みを抱えているという報告もあります。早漏が性的なコンプレックスだという方も多いです。

 

●早漏の行動療法

早漏の治療法といえばその代表は行動療法です。陰茎に刺激を与えて射精しそうになったら射精せずに我慢する、という治療法です。

何度も陰茎に刺激を与え、何度も射精を我慢しているうちに射精をこらえる=早漏にならないようにする力がつく、というのが行動療法のメリットです。

ただ、行動療法だけではなく意外な面から早漏治療を提起した団体もあります。

世界中のさまざまな医療についてその効果と情報を提供するNPOであるコクラン・レビューです。

 

●コクラン・レビューが提唱する心理療法

現在アメリカで行動療法とともに主流になってきている早漏治療が心理療法です。

サンパウロ連邦大学教授のタマラ・メルニク氏によれば早漏によるコンプレックスが性的なことに対する拒否感を生み出しているとのことです。

そのため、行動療法だけではなく心理面のケアも重要性も忘れてはならないとタマラ・メルニク氏は語ります。

具体的には心理士などと行う心理療法、精神的な不安感をなくす薬物の使用などです。

実際に、不安障害の治療に用いられるセロトニン再取り込み阻害剤が射精抑制に役立つこともわかっています。

 

アメリカ発の画期的な早漏治療として注目を浴びているのは心理ケアから行う早漏治療です。

早漏の人は性的なコンプレックスが強く性的な場面を避ける傾向にあることから治療薬や心理カウンセリングなどの見地からの治療が必要ということがわかりました。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/02/21/19/00/caucasian-84419_640.jpg?i])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

思春期には一度は体験する?いんきんたむしの症状と治療

  いんきんたむしという名前、聞いたことはあっても詳しくはなんのことだかよくわ...

毛深い男性は嫌われる…ってホント?

  男性は女性に比べれば多かれ少なかれ体毛が濃いです。それは性ホルモンのひとつ...


包茎手術は保険適用?自費診療?

  包茎は亀頭が包皮に覆われている状態で、日本人の多くは包茎と言われています。...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る