カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 男性のカラダの悩み >
  3. 病気(男性特有) >
  4. その他 >
  5. 思春期には一度は体験する?いんきんたむしの症状と治療

男性のカラダの悩み

思春期には一度は体験する?いんきんたむしの症状と治療

 

いんきんたむしという名前、聞いたことはあっても詳しくはなんのことだかよくわからないという方もいるかもしれません、

いんきんたむしとはいんきん、たむしという2つの言葉を合わせた言葉です。

いんきんとは陰部に出来る湿疹や皮膚炎、たむしは白癬菌のことです。

 

●いんきんたむしは思春期に起きる?

思春期にはいんきんたむしにかかりやすいと言われています。

中でもスポーツをしている思春期の少年であれば一度はいんきんたむしにかかるとも言われるくらいです。

というのも陰部はもともと汗をかきやすく、皮膚がすれ合うことも多いです。

それにプラスして運動などをしているとどうしても汗をきれいに流すことが出来ないときも生まれるのでいんきんたむしになりやすいのです。

 

●いんきんたむしの症状って?

いんきんたむしは白癬菌による炎症の一種で、白癬菌といえば足にできる水虫が代表です。

というわけでいんきんたむしと水虫はよく似た症状を持っています。例えば激しいかゆみなどがその代表です。

かゆみに負けて陰部を掻いてしまうと排尿のときに傷に尿が沁みて痛むなどの症状も出て来ます。

 

●いんきんたむしの治療

いんきんたむしの治療は皮膚科で行います。陰部ではありますが泌尿器科ではないので注意してください。

市販の薬もありますがすでにかゆみなどが出ている場合には皮膚科での治療がおすすめです。

また、再発を予防するために陰部は常に清潔にしておくことも重要です。

 

いんきんたむしは思春期に見られやすい皮膚炎の一種で、原因は白癬菌にあります。

いんきんたむしの症状はかゆみが中心で、いんきんたむしに気づいたときは皮膚科で治療を受けるのがベストです。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2012/10/10/17/56/boy-60749_640.jpg?i])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

毛深い男性は嫌われる…ってホント?

  男性は女性に比べれば多かれ少なかれ体毛が濃いです。それは性ホルモンのひとつ...

包茎手術は保険適用?自費診療?

  包茎は亀頭が包皮に覆われている状態で、日本人の多くは包茎と言われています。...


アメリカ発!画期的な早漏治療とは

  早漏は背後に病気が隠れていなければ病気とは分類できませんが、悩んでいる方は...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る